日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆国民生活に関する世論調査結果まとまる

内閣府は平成29年度の「国民生活に関する世論調査の結果」をまとめた。現在の生活では「満足」する者は73.9%で、昨年の調査に比べ上昇している。生き方・考え方では働く目的は「お金を得るため」、次いで「社会の一員として務めを果たすため」だった。政府に対する要望では、昨年の調査に比べ「防衛・安全保障」が上昇した。
     

 

◆京都府警がバスガイド163人を「交通安全レディース」に委嘱

京都府警は府内バス会社の観光バスガイド163人に交通安全教育指導者「交通安全レディース」を委嘱した。バスガイド自らの交通安全意識の高揚を図るとともに、移動中の車内や引率の機会を捉え、乗客に正しい交通マナーの実践と交通事故防止を呼び掛けてもらう。委嘱式は帝産観光バス㈱京都支店の観光バスガイド16人に対して行われた。

◆宮城県仙台中央署が繁華街・歓楽街でキャッチバスター作戦

宮城県仙台中央署は市民から苦情・通報が寄せられていた居酒屋等の客引き行為者による迷惑行為を一掃するため「キャッチバスター作戦」と称した繁華街・歓楽街対策を、仙台市青葉区一番町などで展開した。県内外から多くの観光客が訪れる仙台七夕まつり(8月6日~8日)を前にした環境浄化対策で、2日の午後6時30分からは市内で最も人通りの多い一番丁通り・広瀬通り交差点に部隊活動指揮官車を配置。若手交番所員による「DJポリス」の手法を導入した客引き防止広報を行った。
      

◆千葉県警で県下通信指令競技大会開く

千葉県警は初動警察活動を担う地域警察官の無線通信技能と現場対応能力を向上させるため、県下通信指令競技大会を開催した(写真)。県内39署を5ブロックに分けたブロック別競技会で優勝した5署(千葉南、船橋東、流山、市原、富津)が出場。署通信指令担当者と交番勤務員(実務経験5年未満)の2人チームで、本部通信指令からの児童連れ去りの想定に基づき、署通信指令と交番勤務員の現場対応を競い合った。競技時間は20分で臨場感と緊迫感あふれる実戦さながらの競技となった。

千葉県警で県下通信指令競技大会開く

     

~放射塔~ 若手が出演で「警察官採用募集PRビデオ」を放映

○…岡山県玉島署は地元ケーブルテレビ会社と協働し「警察官採用募集PRビデオ」を作成した。効果的な募集活動を推進するとともに、署員の帰属意識を醸成するのがねらい。
○…ビデオには若手警察官が出演し(写真)、各部門の業務内容や募集内容などを紹介した。セリフには「やりがい」「女性活躍」「地域に密着」「実習を通じて勉強」などのキーワードを盛り込み、視聴者への訴求効果を高めた。
○…完成したビデオはケーブルテレビで放映されたほか、同署ロビーで流すなど幅広く活用。出演した若手警察官からは「警察官の魅力をアピールできた」「全員で協力して作り上げ、達成感がある」と反響があるなど所期の目的を達成した。

若手が出演で「警察官採用募集PRビデオ」を放映

 

▼2017年1月~6月

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



footer