日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆東日本大震災の被害状況と警察措置

東日本大震災から6年。警察庁がまとめた3月10日現在の「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被害状況と警察措置」によると、22都道県下の人的被害は、死者1万5893人、行方不明2,553人、負傷者6,152人。警察の活動部隊は、自県体制として岩手県が約490人、宮城県が約850人、福島県が約2,270人、それに特別派遣が福島県に約100人、合計約3,700人が活動に従事している。
     

 

◆沖縄県警で機動分析捜査員25人を指定

沖縄県警は重要事件等発生時の防犯カメラ画像の収集や分析、証拠化を迅速かつ的確に行う機動分析捜査員を集中運用するため「沖縄県警察機動分析捜査員の運用要綱」を施行した。これに伴い、池田克史本部長が刑事、生安、交通、警備各部と14署から推薦を受けた機動分析捜査員25人に指定書を交付した。
 

◆愛知県設楽署の山岳救助隊が消防と合同訓練

愛知県設楽署山岳救助隊(隊員11人)に属する署員7人が新城市消防本部東栄分署に出向き、山岳遭難救助訓練に参加した。消防との合同訓練は、同隊が昨年4月に発足して以来初めてのこと。消防隊員と息の合った救助活動ができることを訓練の一番の目的とし、参加者はロープの結び方や力がかかる支点の作り方(写真)、各種山岳装備品の取扱要領などに取り組んだ。

愛知県設楽署の山岳救助隊が消防と合同訓練     

◆島根県警察学校で県公安委員長が講話

初任科生の職務倫理を一層高め、警察官として必要な誇りと使命感を醸成するため、島根県警察学校は県公安委員会の堀江正俊委員長による講話を行い、初任科生28人が聴講した。堀江委員長は保護司と民生委員を約40年にわたって務め、強いリーダーシップで社会福祉に全力を傾けてきた。講話では「笑顔で人に夢と希望を与える『和顔愛語』の心で活動し、誰もが住みよい街づくりをしていただきたい」と訴え、「さまざまな苦労はあると思うが、良い友、良い先輩を持ち一歩ずつ歩んでほしい」と激励した(写真)。

島根県警察学校で県公安委員長が講話

     

~放射塔~直虎ちゃん見守るなか術科の紅白試合

○…静岡県細江署は、冬季術科訓練の納会に浜松市のマスコットキャラクター「出世法師 直虎ちゃん」を招待し、「三方原の大合戦」を模した紅白試合を行った(写真)。
○…NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の影響で、浜松市北区を訪れる観光客が増えていることから、地域住民に警察の力強さを広報するねらいで開催。来賓として警察官友の会支部長や署協議会、警友会会長らが招かれ、試合の行方を見守った。
○…当日、試合場には彦根藩の初代藩主井伊直政が率いた部隊「井伊の赤備え」の甲冑や紅白幕が飾り付けられ、合戦場さながらの熱気が漂う中、白熱した試合が展開された。気迫に満ちた掛け声を上げ、日頃の鍛錬の成果を披露する署員の姿に、来賓からは感嘆の声が上がっていた。

直虎ちゃん見守るなか術科の紅白試合

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer