日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成28年の特殊詐欺阻止率は49.8%

警察庁のまとめた「平成28年の特殊詐欺の認知・検挙状況」によると、全国の警察では、高齢者の被害防止対策として、犯行グループに被害金が渡るのを阻止するため金融機関、宅配業者、コンビニエンスストア等に協力を要請、声掛けや通報を推進。これにより1万3140件、191億8,000万円の被害を阻止した。阻止率は49.8%で、集計を始めた平成20年以降最高となった。

 

 

◆大阪府堺市と管内5署で特殊詐欺被害防止の協定締結

大阪府堺市内を管轄する堺、北堺、西堺、南堺、黒山の5署と市は「特殊詐欺被害防止対策に関する協定」と「防災行政無線を活用した犯罪発生情報の提供に関する覚書」を締結した(写真)。協定は「市職員が市民に架電して特殊詐欺被害防止の注意喚起などを行う」、覚書は「通り魔事件などの緊急かつ重大な事件が発生した際に防災行政無線スピーカーを活用して市民に犯罪情報を伝える」などの内容。

大阪府堺市と管内5署で特殊詐欺被害防止の協定締結      

◆京都府向日町署がJTと署機能移転訓練を実施

京都府向日町署は昨秋に警察代替施設の協定を結んだ日本たばこ産業㈱(JT)関西工場と、大震災発生を想定した警察署機能移転訓練を実施した(写真)。災害に備える、普段からのシミュレーションの重要性を署員一人一人が再認識し、危機意識の醸成を図るねらい。2部構成で行われ、1部は署内で▽シェイクアウト及び避難訓練▽被留置者移送及び重要物品等搬出訓練▽オフロードバイク走行展示訓練▽輸送訓練―に、2部は同工場で▽警備本部設置訓練▽通信機器の設置及びヘリテレ映像の受信訓練―などに取り組んだ。

京都府向日町署がJTと署機能移転訓練を実施   

◆兵庫県警は陸自との共同実動訓練で連携を確認

兵庫県警は治安出動に係わる陸上自衛隊第3特科隊との共同実働訓練を陸自姫路駐屯地(姫路市)で実施した。本部警備課や機動隊、姫路署の約50人と陸自第3特科隊の約60人が参加。「強力な殺傷力を持つ武器を所持した武装グループが国内に侵入し、治安出動命令が下令された」との想定で、治安出動の自衛隊車両をパトカーが先導する緊急部隊輸送訓練などに取り組み、警察と自衛隊が共同対処する際の連携要領についてあらためて確認した。

     

~放射塔~高齢者向けの防犯手引きを4万部作成

○…広島県警は県防犯連合会の協力で、高齢者向け防犯手引き(写真)を4万部作成した。
○…高齢者が被害に遭いやすい特殊詐欺や悪質商法を防ぐためで、構成はA4判カラー・4㌻。手引きでは犯行の手口や防止対策を紹介しており、被害防止に役立ててもらう。
○…特殊詐欺の被害に遭わないためのポイントでは▽「現金送れ」はすべて詐欺▽即断より相談▽留守番電話機能を有効活用▽防犯機能付電話機の活用―の4点を紹介。県内各署が高齢者対象の防犯講演や会合などで配布し、高齢者の広報啓発に活用する。

高齢者向けの防犯手引きを4万部作成

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer