日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成28年の重要犯罪・重要窃盗犯の被害者・加害者を分析

警察庁は「平成28年における刑法犯認知・検挙状況(暫定値)」をまとめたが、この中で、重要犯罪と重要窃盗犯の被害者と加害者について分析している。年齢についてみると、被害者については、重要犯罪では20歳代、重要窃盗犯では40歳代がそれぞれ最も多かった。また、検挙人員の犯行時の年齢についてみると、重要犯罪、重要窃盗犯はともに20歳代が最も多かった。

 

 

◆大阪府警と産技研でサイバーセキュリティ対策の連携協定

大阪府警と地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所(産技研)は「サイバーセキュリティ対策の連携協力に関する協定」を締結した。中小企業のサイバーセキュリティ対策で、中小企業が真に相談しやすい窓口を産技研に設け、両者が連携する枠組みを構築。サイバーセキュリティ統括責任者の藤村博之副本部長と古寺雅晴理事長が調印し(写真)、連携を確認した。

大阪府警と産技研でサイバーセキュリティ対策の連携協定    

◆沖縄県警で年頭の警察署長会議

沖縄県警は県警本部講堂で年頭の警察署長会議を開催した。浦崎唯昭副知事代理、金城棟啓県公安委員長らのあいさつに続いて、池田克史本部長が訓示で県内の治安情勢に触れ「刑法犯の認知件数が14年連続で減少したほか、交通人身事故件数・死者数ともに減少するなど、総じて県内の治安は改善傾向にあるが、特殊詐欺、飲酒運転、少年非行、暴力団、普天間飛行場の辺野古移設問題や尖閣諸島問題への対応等の課題も抱えており、県警の課題は山積している」と指摘した。
  

◆群馬県警察学校の新武道館が完成

群馬県警察学校の新武道館が完成し(写真)、児玉三郎県公安委員長、小田部耕治本部長ら幹部、柔道・剣道指名選手、同校入校中の学生など135人が参加した落成式が開かれた。新武道館は、鉄筋コンクリート造り2階建ての構造で、1階に柔道場2面、2階に剣道場2面を配置。建築面積は714平方㍍、延床面積は旧武道館の約2.2倍の1,326平方㍍。式典で、小田部本部長は「新武道館の完成を機に、さらなる技術の向上と気力・体力の錬成に向け、恒常的かつ効果的な術科訓練に励んでほしい」と式辞を述べた。

群馬県警察学校の新武道館が完成

     

~放射塔~伝統菓子「切さんしょ」で不審電話を一刀両断

○…高齢者の特殊詐欺被害を防ごうと、山形県鶴岡署は、地元の伝統菓子「切さんしょ」にちなんだ特殊詐欺防止啓発ポスターを作製した。
○…ポスターは、庄内藩士に扮した署員が刀を構え、不審電話を一刀両断しながら「あやしい電話は切さんしょ」と注意を促す内容で(写真)、下部には菓子の写真や説明文を掲載。管内の菓子店に掲示したほか、広報チラシとしても配布するなど、特殊詐欺被害防止を広く呼び掛けた。
○…「切さんしょ(切山椒)」は粉山椒と砂糖を餅米に練り込み、蒸し上げて細く切った餅菓子で、厄をはらう縁起菓子として古くから地元の人々に愛されてきた。ポスターには、山椒の利いた同菓子のように「高齢者の心にぴりりと響くように」との署員の願いが込められている。

伝統菓子「切さんしょ」で不審電話を一刀両断

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer