日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆第57回の全国交通安全国民運動中央大会開く

警察庁、(一財)全日本交通安全協会が主催する「第57回交通安全国民運動中央大会」の本会議が東京・文京区の文京シビックホールで開催された(写真)。毎年、国民への交通安全意識の浸透を目的に開かれる大会で、「交通栄誉章」をはじめとする功労者・功労団体等、交通安全年間スローガンや交通安全ファミリー作文最優秀入選者に対する表彰、大会宣言等が行われた。

第57回の全国交通安全国民運動中央大会開く  

 

◆高齢運転者の事故防止へ岐阜県警でプロジェクト・チーム設置

岐阜県警は交通部長を委員長に本部交通部をはじめ、生安部、地域部、総務室の各部門や県・市町村の担当者(14所属16人)で構成する「高齢運転者等交通事故防止対策委員会PT(プロジェクト・チーム)」を設置した。高齢者に対する各種施策の早期実現化がねらい。交通企画課内に警部1人が専従する。警察と行政が連携し、高齢者を交通事故や詐欺などの被害から守るための総合対策に取り組む。

   

◆愛知県警でサイバーセキュリティの講演会開く

愛知県警はサイバー空間の脅威に対する対処能力の向上を図るため、県警サイバー犯罪・サイバー攻撃対策アドバイザーの国立情報学研究所高倉弘喜教授による講演会を開催した。県警職員66人が聴講し、講演後にはサイバー犯罪対策課員が研究発表も行った。高倉教授はサイバーセキュリティに関する講演で、感染後のマルウエアの行動や、IoTの普及に伴い次々と明らかになる新たな脆弱性などについて分かりやすく説明した。
  

◆奈良県警の幹部職員が「イクボス宣言」

奈良県警は県警全職員のワークライフバランスを推進するため、所属長以上の幹部職員によるイクボス宣言を実施した(写真)。幹部職員自らが慣例や常識にとらわれることなく意識改革を図り、リーダーシップを発揮し、各所属で職員のニーズと現場の実情に合った合理的で多様な働き方が実現される職場づくりを推進することがねらい。

奈良県警の幹部職員が「イクボス宣言」

     

~放射塔~サッカー元日本代表の“ゴン中山”が一日警察署長

○…静岡県沼津署は「110番の日」広報活動の一環でサッカー元日本代表の“ゴン中山”こと中山雅史選手を一日警察署長に委嘱し、各種警察広報を行った。
○…49歳の中山選手は現在、今期からJ3に参入する「アスルクラロ沼津」に所属。所属クラブが沼津市という縁から今回の一日警察署長が実現した。署長室で杉本署長から委嘱状を受け取った(写真)後、街頭活動へ。アーケード街では女性警察官との軽妙なトークを繰り広げ、交通事故や振り込め詐欺の未然防止を呼び掛けた。
○…幅広い年齢層の市民が立ち止まって中山選手のトークに聞き入り、啓発品配布では大きな人だかりも。街頭活動後、中山選手は署員との意見交換会で「ワールドカップでの秘話」「加齢による身体能力の低下と身体能力維持」などの話題をユーモアを交えながら披露。参加した署員は「テレビでは見れないゴン中山の素顔を見た」と喜んでいた。

サッカー元日本代表の“ゴン中山”が一日警察署長

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer