日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成28年中の刑法犯認知・検挙状況(暫定値)まとまる

警察庁は平成28年中の「刑法犯認知・検挙状況(暫定値)」についてまとめた。認知件数は99万6,204件で、戦後初めて100万件を下回った。重要犯罪のうち、放火と強姦は約70年ぶりに1,000件を下回ったが、略取誘拐・人身売買は増加傾向にある。重要窃盗犯はすべての手口で減少傾向にあり、昭和29年以後初めて10万件を下回った。

 

 

◆埼玉県北部の踏切交通事故防止連絡会議を開催

埼玉県警は行田・熊谷両署と関係機関が連携し、秩父鉄道の第4種踏切を廃止したなどの対策内容を共有するため、県北部踏切交通事故防止連絡会議を開催した。同鉄道沿線の第4種踏切を管内に持つ秩父・寄居・羽生各署の規制担当者と県の関係者らが、踏切廃止を含めた両署の安全対策を参考に意見を交わし、情報共有を図った。

   

◆警察学校を現場に見立て初任科生が実戦的総合訓練

長野県警察学校は卒業を間近に控える初任科第159期生と第160期生を対象に、第一線で発生が予想される事案を想定した実戦的総合訓練(一日警察署)を実施した(写真)。全教職員が参加した訓練で、学生の不安を払拭させて第一線に送り出すとともに、現時点での課題を認識させ、勉学への取組意欲をさらに向上させるねらい。

警察学校を現場に見立て初任科生が実戦的総合訓練   

◆交通事故根絶を願ったひまわりの種、開花の様子を写真展に

京都府警は、平成23年に交通事故で亡くなった男児・陽大ちゃん(当時4歳)が生前に育てていたひまわりの種を遺族から引き継ぎ、命の大切さと交通事故防止の機運を全国へと広げる「ひまわりの絆プロジェクト」を推進している。その種が全国各地で花を咲かせた様子を収めた写真展が運転免許試験場で開かれた。28都道府県警から届いた写真をはじめ、府内保育園や小学校、指定自動車教習所などの写真約100枚が展示された(写真)。

交通事故根絶を願ったひまわりの種、開花の様子を写真展に

     

~放射塔~伝統工芸・津軽凧絵で「110番の日」広報

○…青森県弘前署は、昨年12月27日から今年1月11日までの間、「110番の日」の標語入り津軽凧絵等6枚を署の1階ロビーに掲示した。平成2年から行われており、今回で通算23回目。
○…凧絵は、弘前市在住で同県伝統工芸士の成田弘之(雅号「幻節」)氏が制作。本体に「いち(1)早く い(1)そがず慌てず れい(0)静に」の標語を記載したり、しっぽの部分に「青少年非行の防止」「待って! その話、詐欺かも!」「地域安全・交通安全」等の標語を入れるなど、見る人に注意を呼び掛けているもの(写真)。
○…毎年大好評の催しで、来庁者は美麗な凧絵を楽しみながら、110番の適正利用等について理解を深めていた。

伝統工芸・津軽凧絵で「110番の日」広報

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer