日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆「企業を対象とした反社会的勢力との関係遮断に関するアンケート」の調査結果

警察庁は、「企業を対象とした反社会的勢力との関係遮断に関するアンケート」の調査結果をまとめた。過去5年間に不当要求を受けたことがある企業は、全体の2.8%だったが、このうち不当要求に応じた企業は19.1%にのぼった。また、被害を防止するために国が策定した指針を知っていた企業は59.1%で、そのうち指針に沿った取組を行った企業は82.4%だった。

 

 

◆大阪府警が年頭署長会議を実施

大阪府警の年頭署長会議が開かれ、今年の重点目標と当面の諸問題に関し、幹部の意思統一を図った。村田隆本部長は今年の重点目標を達成するうえで特に配意すべき事項「地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策の推進」「子どもや女性の安全を守る力の強化」「特殊詐欺の撲滅に向けた総合対策の推進」「組織犯罪対策の推進」について訓示した。

   

◆愛知県警が県バス協会に交通事故防止に関する書簡を交付

長野県軽井沢町で大学生らスキーツアー客を乗せたバスが道路外に転落し、乗客と運転手の15人が死亡する事故から1年となった今月15日を前に、愛知県警交通部は県内のバス会社80社が加盟する県バス協会に対し、交通事故防止に関する書簡を交付した。協会の小池潤会長(名鉄バス㈱社長)が書簡を受け取り(写真)、「着用率100%を目指し、呼び掛けを徹底したい」と話した。

愛知県警が県バス協会に交通事故防止に関する書簡を交付   

◆神奈川県逗子署では年賀状を活用した振り込め詐欺抑止対策

神奈川県逗子署は管内事業者11社や逗子郵便局と連携し年賀状を活用した振り込め詐欺抑止対策に取り組んだ。年賀はがきの表・裏面に「振り込め詐欺にご注意を!」「電話でお金を要求する息子は詐欺」などの喚起文が書かれており、事業者が費用を負担。昨年中に詐欺被害が発生した地区を優先的に、約4000枚を高齢者宅に届けた。印刷作業は郵便局が行ったという。

     

~放射塔~熱気球を使って正しい110番を周知

○…北海道釧路方面帯広署は、道内唯一の熱気球部がある上士幌高校の協力で、上士幌町ソフトボールグラウンドで熱気球を使った110番啓発活動を行った。
○…同署と同校は15年ほど前から悪天候時を除いて、熱気球での110番啓発活動を行っている。今年も高さ約25メートルの熱気球に同署キャラクター「リスのチャーミーくん」が同乗し、ゴンドラ部分に「110番の日」と大きく書かれた垂れ幕を取り付けてPRした(写真)。
○…熱気球部の生徒は「参加できてうれしい。将来は警察官を目指したい」と笑顔。活動を企画した同署地域課の金谷忠幸警部補は「広大な十勝平野に浮かぶ熱気球を通じ、正しい110番を周知していきたい」と話した。

熱気球を使って正しい110番を周知

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer