日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成28年中の全国交通事故死者は3,904人

警察庁によると、平成28年中の全国の交通事故死者数は3,904人で、前年に比べ213人(5.2%)減少、昭和24年以来の3,000人台となり、死者が最も多かった昭和45年の1万6,765人の約4分の1にまで減少した。高齢者は2,138人で前年に比べ109人(4.9%)減少したが、全死者の54.8%と半数以上を占めた。一方、年末・年始(12月29日~1月3日の6日間)の交通事故死者は72人で、前年同期と比べると8人(12.5%)増加した。

 

 

◆サイバー防犯ボランティアの大学生が中学生にスマホの使い方指導

大阪府警本部サイバー犯罪対策課の講習を受けた国立大阪教育大学の学生11人が講師となり、池田市内の小中一貫校「ほそごう学園」の中学生56人に対して、スマートフォンの危険性や適切な使い方などを指導する「サイバー防犯ボランティア活動」が行われた。教職を目指す学生に、児童・生徒にネット犯罪に関する適切な助言・指導を行うことができる教職員になってもらおうと、同課が「サイバー防犯ボランティアとして活動してほしい」と働き掛け、実現した。

   

◆岡山県警で実戦的総合訓練指導者の養成専科を新設

岡山県警は、若手警察官を早期に戦力化するうえで有効な実戦的総合訓練を定着化・深化させるため、警察署や執行隊などの訓練指導者を養成するための専科を新設し5日間にわたって県警察学校で実施した(写真)。受講したのは22署、5隊、警察学校から各1人の計28人。今後、指導者として実戦的総合訓練推進の中核を担う、40歳以下の警部補または巡査部長(平均年齢35・5歳)だ。県警の初期の警察官大量採用層は35~39歳で、先輩が少なく後輩が多い年齢層で組織の核となっていることが理由という。

岡山県警で実戦的総合訓練指導者の養成専科を新設   

◆長野県木曽署がスキーバス運行会社に指導啓発

長野県木曽署は木曽町三岳の県道20号線沿で、名古屋駅からチャオスキー場(岐阜県高山市)までの新規定期路線運行を予定している都内バス会社の㈱ジャムジャムエキスプレスのドライバーなどに対し、安全運行についての指導啓発を行った(写真)。同社の社員乗務員9人の運転研修を兼ねた試験運行にあわせて実施したもの。

長野県木曽署がスキーバス運行会社に指導啓発

     

~放射塔~北海道の世界有数スキーリゾートに英語対応臨時交番を開所

○…世界有数のスキーリゾートを管内に持つ北海道札幌方面倶知安署はスキーなどを楽しむ外国人客に対応するため、12月15日に臨時交番を開所した(写真)。
○…同署によると、臨時交番での前回の取扱いは1,000件を超え、そのうち約7割が外国人に関するものという。臨時交番には英語通訳ができる警察官が配置され、事案対応に当たる。
○…開所期間は前回より15日間長い3月20日まで。12月26日からは3人による3交代体制となっている。

北海道の世界有数スキーリゾートに英語対応臨時交番を開所

 

▼2016年7月~12月

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  



footer