日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆神戸大学とサイバー攻撃等の検知システム開発開始

兵庫県警と神戸大学による「サイバー攻撃等検知システム(仮称)」の開発に向けた共同研究の開始に伴う調印式が県警本部で行われ、田中求警備部長と森井昌克教授が調印した。システムはウェブサイトを24時間自動で巡回し、改ざん等の被害を早期に検知・通報するもの。同意が得られた県内重要インフラ事業者等のウェブサイトが対象で、来年3月から運用開始を予定している。警察と大学が連携し、こうしたシステムを研究・開発するのは全国初という。

 

 

◆福岡県門司署で第1回の水際対策検討委員会

伊勢志摩サミット、G7北九州エネルギー大臣会合に向け、福岡県門司署は海保、税関、入管など19の水際関係機関で構成する「関門港危機管理コアメンバー」や、北九州地区10警察署の実務担当者をメンバーとした「水際対策検討委員会」を立ち上げ、第1回目の委員会を開催した(写真)。水際関係機関との緊密な連携体制を確立し、テロの未然防止に向けた一体的な水際対策を推進する。

福岡県門司署で第1回の水際対策検討委員会              

◆長野県警察学校に新人記者が一日体験入校

長野県警察学校は本部広報相談課と連携し、新人記者の一日体験入校を実施した。警察活動に対する理解と、体験型取材を通じて警察学校の訓練状況を県民に周知するねらい。長野司法記者クラブに加盟する報道機関の新人記者12人が参加した。逮捕術の授業では、体さばきや離脱技のほか、実際に防具を着け打突の衝撃を体験。出動服に着替え初任科生と2人一組で行う鑑識の授業では、出動服を汚しながら石こう法により現場足跡を採取した(写真)。

長野県警察学校に新人記者が一日体験入校

    

 

~放射塔~署員扮するサンタクロースが事故防止講話で弾き語り

○…年末の交通安全運動期間中に高齢者の事故が多発していることを受け、愛知県豊橋署は、老人保健施設「明陽苑」で交通事故防止講話を行った(写真)。赤い三角帽子と白ひげでサンタクロースに扮した桒名利幸交通課長がギターの弾き語りを披露し、演奏の合間に分かりやすい講話を行った。
○…「上を向いて歩こう」の替え歌「前を向いて歩こう」では、「夜間中の外出は反射材を身に付け、車から目立つようにすることが重要」と呼び掛けた。桑名課長と一緒に登場した係員は鼻に反射材を付けてトナカイのように赤く光らせ、反射効果を訴えた。
○…参加した高齢者はギター演奏に合わせて合唱するなど笑顔が見られ、講話後にはクリスマスプレゼントとして反射材付きのトートバッグが贈られた。

署員扮するサンタクロースが事故防止講話で弾き語り

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer