日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆警視庁で署長会議を開催

警視庁は署長会議を本部庁舎で開いた。高橋清孝警視総監は▽年末年始特別警戒の実施▽サミット等を見据えたテロ等不法事案の防圧検挙▽犯罪抑止総合対策の推進▽人身安全関連事案等への的確な対応▽暴力団総合対策の推進▽重大交通事故防止対策の推進▽サイバー空間の脅威に対する総合対策の推進▽震災対策をはじめとする災害警備諸対策の推進―について訓示した。

 

 

◆スクールサポーターとスクールソーシャルワーカーとの合同会議

福岡県警は警察と学校のパイプ役のスクールサポーター(警察官OB)、教育と福祉をつなぐ専門職のスクールソーシャルワーカーとの合同会議を開催した。川崎市や寝屋川市で中学生が殺害される事件が発生したことを受け、学校と警察の連携強化が求められているため。会議には、県内各署に配置されているスクールサポーター33人、県内全域の市町教育委員会のスクールソーシャルワーカー24人、本部少年課員と県教育庁などの指導主事が出席した(写真)。

スクールサポーターとスクールソーシャルワーカーとの合同会議              

◆広島県警で高齢者向け防犯の手引き作成

高齢者が狙われることが多い特殊詐欺や悪質商法の被害を防ぐため、広島県警は高齢者向けの防犯資料「いざという時あなたを守る!防犯の手引き」をつくった(写真)。手口や防犯対策を紹介しており、被害防止に役立ててもらう。手引きはA4判・カラー刷り4㌻。特殊詐欺被害に遭わないポイントとして▽「現金送れ」はすべて詐欺▽即断より相談▽留守番電話機能を有効活用―の3点などを明記している。県防犯連合会の協力で4万部を作成したという。

広島県警で高齢者向け防犯の手引き作成

    

 

~放射塔~元ラグビー日本代表・大畑さんが警察学校で講演

○…京都府警察学校は元ラグビー日本代表の大畑大介さんを一日警察学校長に迎えて講演会を行った。大畑さんは「チームワークと不屈の魂」をテーマに、目標を持って努力し続けることの大切さを語り、学生118人が熱心に耳を傾けた。
○…警察学校開校第67周年記念の一環。大畑さんは警察官の礼服姿で通常点検を視察した(写真)後、「高校で全国制覇できなかった悔しさがあったから日本代表になれた。背負うものが大きいほどやりがいがある。為せば成るという気持ちで努力してきた」と自らの経験を踏まえて講演。学生には「皆さんの存在なくして京都、日本の平和というものはあり得ない。高い志を持って頑張ってほしい」とエールを送った。
○…学生から寄せられた、何度もけがを経験しながら世界で戦ってきた心境についての質問には「壁が高ければ高いほど越えた時に得られるものが大きい」と語り、「壁を越えた時のことをイメージして努力してほしい」と呼び掛けた。

元ラグビー日本代表・大畑さんが警察学校で講演

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer