日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆第48回指定自動車教習所全国大会開く

(一社)全日本指定自動車教習所協会連合会が主催する「第48回指定自動車教習所全国大会」が東京・江東区有明のビッグサイトで開かれた。大会には金高雅仁警察庁長官、鈴木基久交通局長の来賓を迎え、田中節夫全指連会長らが出席。教習所業の健全な発展と運転者教育の功労者を表彰するとともに、より安全で快適な交通社会の実現に向けた取組の大会宣言が行われた。

 

 

◆埼玉県警で東京五輪テロ対策のネットワーク設立

埼玉県警は官公庁や鉄道事業者、電気・ガス会社などの民間企業、五輪競技会場など62事業者・団体が参画する「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会テロ対策『彩の国』ネットワーク」を設立した。県内では都に次ぐ4競技の開催が予定されていることから、「オール埼玉体制」による官民一体の日本型テロ対策を推進する。

             

◆現金引き出し前にカードで最終確認

「なりすまし詐欺(特殊詐欺)」を水際で防ごうと、福島県警は県金融機関防犯対策協議会と連携し、「最終確認カード」を使った被害防止活動を始めた。カードでは「息子などから『携帯電話番号が変わった』と言われ、その後、お金を要求されている場合は、必ず前の電話番号にかけて確認すること」を求めている(写真)。被害者が金融機関で現金を引き出す前に、被害に遭っていることに気づいてもらうねらいだ。

現金引き出し前にカードで最終確認

    

◆3市1町で災害対策連絡協議会を発足

愛知県津島署は海抜0㍍地帯にある海部地方北部3市1町の自治体でつくる災害対策連絡協議会を発足させた。南海トラフ地震などの大災害発生時に備えたもので、調印式には同署はじめ、津島市、愛西市、あま市、大治町、津島市消防本部、愛西市消防本部、海部東部消防組合消防本部のトップが集まり(写真)、災害対策での連携を確認した。

3市1町で災害対策連絡協議会を発足

 

~放射塔~防犯の「ルーティン」を五郎丸選手が呼び掛け

○…静岡県警ではラグビーワールドカップの日本代表として知られる五郎丸歩選手をモデルとしたクリアファイルを作成し、乗り物盗被害防止を訴えている(写真)。
○…クリアファイルには、五郎丸選手がゴールキック前の「ルーティン」として行っている「五郎丸ポーズ」の写真を使用。自転車やオートバイを駐輪する際のツーロックを、「防犯のルーティン」として呼び掛けるという。
○…五郎丸選手の所属するヤマハ発動機の本拠地が県内にあることから、県警が協力を依頼して実現した。話題沸騰の選手を起用したことで、今後の防犯活動推進に効果が期待されている。

防犯の「ルーティン」を五郎丸選手が呼び掛け

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer