日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆第2回伊勢志摩サミット等警備対策委員会開く

警察庁は警察総合庁舎で「第2回伊勢志摩サミット等警備対策委員会」(委員長・坂口正芳次長)を開いた。席上、フランスでのテロ事件や約半年後に迫ったサミット開催を踏まえ、金高雅仁長官が、①フランスでのテロ事件を踏まえた対策の徹底と国際テロ情勢等を踏まえた危機意識の共有②関係機関等との緊密な連携③国民の理解と協力の確保―について訓示した。

 

 

◆愛知県警でサミット総合警備訓練

来年5月26日、27日に三重県志摩市で開催される伊勢志摩サミットに向け、各種警備部隊の対処能力向上を図るため、愛知県警は県警察学校で総合警備訓練を行った(写真)。機動隊長以下総勢約400人が参加し、機動隊機能別部隊による銃器対策及び爆発物処理訓練、警護部隊による警護車列及び緊急退避訓練、治安警備部隊による暴徒鎮圧訓練が行われた。

愛知県警でサミット総合警備訓練              

◆石川県警が白バイフェスティバルを開催

石川県警交通機動隊は県運転免許センターで「白バイフェスティバル」を開催した。白バイ乗務員の安全運転技能の向上と士気高揚、県民の白バイ活動に対する理解と交通安全意識の高揚を図るねらい。フェスティバルでは白バイによる分列行進とドリル走行演技(写真)、廃車を利用したトライアル走行で親子連れなど観客約500人を魅了。隊員の巧みなハンドルさばきと颯爽と走行する姿に、大きな歓声と拍手が沸き起こった。

石川県警が白バイフェスティバルを開催

    

◆マラソン大会出場で犯罪被害者週間を広報

宮城県塩釜署の健脚自慢の署員が10月に開催された「がんばろう東北!松島ハーフマラソン大会」に出走し(写真)、沿道の観客らに、今月25日から始まる「犯罪被害者週間」の広報に努めた。39回目を迎える伝統の大会で、東日本大震災以降のテーマは震災復興。日本三景の松島を眺めながら走れるコースが人気の理由で、今年は全国から約8,000人のランナーが出場した。

マラソン大会出場で犯罪被害者週間を広報

 

~放射塔~女優・桃瀬美咲さんが子どもの健全育成を呼び掛け

○…岡山県警が4月から実施している「県民総ぐるみ!子どもの健全育成キャンペーン」のさらなる周知・浸透のため、JR岡山駅西口で広報啓発イベントが開かれ、岡山県出身の女優で「おかやま晴れの国大使」の桃瀬美咲さんが一日生活安全部長に委嘱された。
○…啓発イベントは県警と県、県教育庁の共催。同キャンペーンでは「まずは大人が範を示す」を基本コンセプトとしており、警察職員とともにステージに登壇した桃瀬さんは「青少年の健全育成にはまずは大人がルール・マナーを守り、子供の模範となって行動しましょう」と呼び掛けた(写真)。
○…桃瀬さんは「子供のインターネットの利用にも親が関心を持つことが大切です」などとネットの危険性にも言及。その後の街頭啓発では、小西誠詞生活安全部長らとともに啓発チラシを駅利用者に配布した。

女優・桃瀬美咲さんが子どもの健全育成を呼び掛け

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer