日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期コミュニティサイト等起因による事犯の現状と対策

警察庁は、「平成27年上半期の出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策」をまとめた。出会い系サイトに起因した事犯の被害児童は減少傾向にあるが、コミュニティサイトに起因した被害児童は増加傾向にある。また、被害児童は、コミュニティサイトの方が低年齢層の割合が多い。警察では悪質サイト事業者に対する取締りを強化するほか、引き続きサイバー補導を積極的に推進する。

 

 

◆三重県警でパートナーシップ推進会議を発足

三重県警は、「テロ対策三重パートナーシップ推進会議」を設立させた。伊勢志摩サミットを契機に、官民一体の日本型テロ対策を恒常的に推進するための枠組みで、41機関が参画。今後、各署ごとの地域版テロ対策パートナーシップも設立させ、県内全域でテロの未然防止を図る。

             

◆岩手県警が郵便局に高齢者の見守り通報を要請

岩手県警は、交通事故に遭うおそれのある高齢者を見掛けた際に110番をしてもらう「高齢者見守り通報制度」の協力を、県内の全郵便局307局に要請した(写真)。同制度の運用は6月1日から始まった。県警はこれまでに、県タクシー協会やトラック協会などの運輸団体はじめ、警備業協会などに協力を要請。協力団体の加盟事業者などが業務中、交通事故に遭遇する危険性の高い高齢者を見掛けた時に、積極的に通報してもらう。

岩手県警が郵便局に高齢者の見守り通報を要請

    

◆埼玉県大宮西署が管内コンビニ37店と連携協定

埼玉県大宮西署は、多発する還付金詐欺や架空請求詐欺等の振り込め詐欺被害を防止しようと、管内のコンビニエンスストア37店舗と連携協定を結んだ(写真)。店舗の内訳は、セブンイレブン16店舗、ファミリーマート11店舗、ローソン5店舗、ミニストップ3店舗、サンクス2店舗。多くの市民が利用するコンビニとの協働で、振り込め詐欺の水際阻止に高い効果が期待される。

埼玉県大宮西署が管内コンビニ37店と連携協定

 

~放射塔~秋田県北秋田署で「交通事故にあワン隊」がパレード

○…秋田県北秋田警察署は、愛犬家グループの協力を得て、小型犬から大型犬まで12頭を「交通事故にあワン隊」として委嘱し、管内で交通安全パレードを行った(写真)。
○…12頭は多彩なアレンジが施された反射材を付け、息の合ったパレードを披露。かわいらしさから地域住民の注目度は抜群で、夜間帯の反射材の必要性をアピールしていた。
○…全国地域安全運動時には「犯罪被害にあワン隊」としても活躍。管内の金融機関を巡回し、特殊詐欺被害防止を呼び掛けるなど「小さな助っ人」による広報効果は絶大だった。

秋田県北秋田署で「交通事故にあワン隊」がパレード

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer