日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆狩猟期の猟銃等による事件・事故防止対策を通達

警察庁は全国の警察に「狩猟期における猟銃等に係る事件・事故の防止と取締りの推進」について通達した。狩猟期間中(11月15日から来年2月15日まで)には、猟銃等に係る事件・事故が増加する傾向にあることから、銃刀法や火取法の違反行為に指導取締りの重点を置くとともに、指導取締計画の策定など実施上の留意事項のほか、事件・事故の未然防止に向けた猟場における指導取締りなどの実施期間中の措置について指示した。

 

 

◆ラジオで認知症行方不明者の情報提供を呼び掛け

沖縄県警は認知症行方不明者の早期発見を目的に、情報提供を呼び掛けるラジオ広報を10月26日から始めた。県内全域を放送エリアとする県内大手ラジオ局全社が無償で協力。県警から依頼を受けた各局が番組内で認知症行方不明者に関する広報を行う。県警によると、全国的にも珍しい取組みという。(写真は浦添参事官㊨とラジオ沖縄・森田社長)

ラジオで認知症行方不明者の情報提供を呼び掛け              

◆福岡県門司署が港でテロ対応訓練

福岡県門司署や門司海上保安部など19の水際関係機関で構成する「関門港危機管理コアメンバー」は北九州市門司区の新門司地区でテロ対応訓練を実施した(写真)。来年の伊勢志摩サミットと北九州エネルギー大臣会合などを見据えたもので、警察や海保、入管、税関、消防などから約150人、車両約50台、船舶6隻、航空機1機が参加した。

福岡県門司署が港でテロ対応訓練

    

◆高校同窓会と特殊詐欺被害防止の覚書締結

特殊詐欺被害の撲滅に向け、栃木県宇都宮中央署は管内にある高等学校5校の同窓会と、特殊詐欺被害防止活動に関する覚書を締結した(写真)。今後、覚書に基づき、同署が特殊詐欺の発生状況や手口などの情報を定期的に提供し、各同窓会が特殊詐欺と思われる電話があった場合の通報を積極的に行う。被害の未然防止と被疑者の検挙につなげるため、連携を強化する考えだ。

高校同窓会と特殊詐欺被害防止の覚書締結

 

~放射塔~木船の手漕ぎレースで署員チームが健闘

○…大分県大分東署は大分市佐賀関の秋ノ江漁港で開催された「大漁おし初め競技大会」に参加した(写真)。
○…同競技はかつて新年に行われていた出漁行事に由来し、木船を櫓(ろ)でこいで速さを競うもの。署員6人が男女各1チームに分かれて大会に臨み、男子の部ではパフォーマンス賞を、女子の部では特別賞を受賞した。同署の出場に期待する声に応え、練習に励んだ結果だという。
○…競技中、男性署員チームは特殊詐欺被害防止や交通事故防止のDJポリス作戦を展開。奮戦する署員の姿に、参加者や地域住民からは温かな声援がわき起こっていた。

木船の手漕ぎレースで署員チームが健闘

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer