日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国生活安全・地域警察関係課長会議を開催

警察庁は東京・千代田区隼町のグランドアーク半蔵門で「全国生活安全・地域警察関係課長会議」を開き、生活安全・地域警察当面の諸問題について協議した。席上、金高雅仁長官は、市民生活の安全と平穏を確保するため、当面特に配意する事項として①国民を守る力の強化②サイバー空間の脅威への対処③事件・事故との戦いに強い組織の確立―について訓示した。

 

 

◆愛知県警で少年指導員研修会を開催

愛知県警本部少年課と(公財)暴力追放愛知県民会議は2回にわたり、少年指導委員研修会を開催した。2日間で少年指導委員79人が出席し、少年の非行情勢や暴力団の現状と動向、風俗営業店への立入りを適正に行うための知識の習得に努めた。少年指導委員は研修後、今後に向け「少しでも少年の声に耳を傾けることができるように積極的な活動をしていきたい」と決意していた。

             

◆広島県安芸高田署と総合病院で児童の安全確保協定

広島県安芸高田署は管内唯一の総合病院「JA吉田総合病院」と児童の安全確保等についての協定を締結した(写真)。虐待被害が疑われる児童を発見した場合に必要な情報を提供してもらい、児童虐待の早期発見や重大事案発展への未然防止につなげるねらい。児童の安全確保を最優先とした対応をとるため、今後、相互の連携を強化していく。

広島県安芸高田署と総合病院で児童の安全確保協定

    

◆山梨県公安委員が警察学校で講演会

山梨県警察学校は初任科生の職務倫理教養の一環で、県公安委員会の石川恵委員による講演会を開いた(写真)。初任科第345期短期生61人、第346期長期生23人が聴講した。本業が弁護士の石川委員は「男女間トラブルにまつわる基礎知識」を演題に講演を進めた。男女間トラブルの原因や態様、警察官としての対応要領など現場に即した内容で、石川委員は、被害者支援での代理受傷を受けないために「被害者の心に寄り添いながらも、相手の感情に『シンクロ』することは避けること」と強調して伝えた。

山梨県公安委員が警察学校で講演会

 

~放射塔~「8・6秒バズーカー」を車の防犯ポスターに起用

○…京都府警は「三都(京都、大阪、兵庫)広域防犯対策プロジェクト」の一環で、吉本興業所属の人気お笑いコンビ「8・6秒バズーカー」をモデルに起用した「自動車関連犯罪被害防止ポスター・チラシ」を作製した。
○…ポスターは下京署、日本損害保険協会と共同の防犯イベントで披露された(写真)。8・6秒バズーカーの2人が「ちょっと待って ちょっと待って お兄さん! 車の防犯してますか?」と呼び掛け、自主防犯対策の強化を訴えるデザイン。犯罪被害に遭わないための▽イモビライザ装着▽車内からっぽ▽必ずドアロック―などの5ポイントも記している。
○…JR京都駅前広場で開かれた防犯イベントには大勢の市民が集まり、除幕後、2人はチラシを配って被害防止を訴えた。

「8・6秒バズーカー」を車の防犯ポスターに起用

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer