日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成27年全国優良警察職員表彰式開く

警察庁は東京・千代田区隼町のグランドアーク半蔵門で「平成27年全国優良警察職員表彰式」を行った。表彰されたのは、いずれも警察職員として多大な功労があると認められる警部補や一般職員等で、警察の各分野で多くの業績を挙げてきた131人。金高雅仁長官から一人一人に警察庁長官賞詞が贈られた。

 

 

◆釧路方面本部と焼き鳥チェーンで飲酒運転根絶の協定

北海道警が進める飲酒運転根絶キャンペーンのさらなる推進のため、釧路方面本部は飲食店チェーンを運営する㈱鳥せい商事と「飲酒運転根絶対策に関する協定」を締結した(写真)。同社は方面管内はじめ道内に23店舗がある「若どりの鳥せいチェーン」を展開。今後、「飲んだらのれん」の図柄を施した啓発のれんの製作・掲出などに取り組む。

釧路方面本部と焼き鳥チェーンで飲酒運転根絶の協定              

◆島根県警で高齢者の防犯テキストを作製

特殊詐欺被害から高齢者を守るため、島根県警は最新の詐欺手口や被害防止対策を紹介した「防犯テキスト」(A4サイズ、20㌻)2万部を作製した。高齢者にも分かりやすいよう「字のサイズを大きくしてイラストを多用する」「項目ごとに右端をインデックス形式にする」「連絡先・相談先の記載欄を設ける」などの工夫を凝らしている。イメージモデルに起用された同県出身のタレント・御秒奈々さんと米村猛本部長による贈呈式も行われ、県民生児童委員協議会や県老人クラブ連合会など5団体が贈呈を受けた(写真)。

島根県警で高齢者の防犯テキストを作製

    

◆石川県羽咋署が新庁舎で業務を開始

石川県羽咋署は新庁舎(写真)の移転・新築に伴う業務開始式を行った。署員40人とともに、荒木龍平羽咋警察官友の会会長、北山公男警友会羽咋支部長、塩谷伸一署協議会副会長などの来賓が出席。式では村本義和署長が「誇りと使命感を新たにし、住民の安全・安心を確保するため日夜努力してもらいたい」と訓示し、荒木会長が祝辞を述べた。

石川県羽咋署が新庁舎で業務を開始

 

~放射塔~「春風」プリントのTシャツで連帯感を強化

○…福岡県春日署は署で取り組む士気高揚の一環として、日の丸と「春風」の文字がデザインされたTシャツ(写真)をつくった。
○…「春風」は、春日署の「春」と、「春風を持って接し秋霜を持って律する」の格言から採用された言葉。また、県民目線に立った警察活動を行うという同署の署風を表している。
○…署員からも好評で、夏に転入したばかりの署員が「赴任して一カ月も経たないが、春日署員である自覚と誇りを持てた」と話すなど、帰属意識も高まっている。

「春風」プリントのTシャツで連帯感を強化

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer