日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国地域安全運動が10月11日からスタート

警察庁、各都道府県警、(公財)全国防犯協会連合会、都道府県防犯協会、都道府県暴力追放運動推進センターが主催する「平成27年全国地域安全運動」が11日(日)から20日(火)までの10日間、全国一斉に展開される。「子供と女性の犯罪被害防止」「特殊詐欺の被害防止」の全国重点と、各都道府県警察において選定した地域重点に基づき、街頭活動を強化するほか、関係機関・団体等と連携した安全・安心なまちづくりなどを推進する。

 

 

◆滋賀県警と郵便局・ゆうちょ銀行で協定締結

滋賀県警と県内郵便局(代表:大津中央郵便局長)、ゆうちょ銀行(大津店長)が、高齢者の特殊詐欺被害防止に取り組むことを定めた協定を締結した(写真)。普段から貯金や年金業務などで高齢者と接することが多い郵便局、ゆうちょ銀行と県警が、タイムリーな活動を積極的に展開する。

滋賀県警と郵便局・ゆうちょ銀行で協定締結              

◆長崎県2署と女子大でも協定結ぶ

長崎県大浦署と大村署は、両署管内にキャンパスがある私立活水女子大学(学生数1,291人)と、地域の防犯活動や高齢者保護活動での連携などを目的とした協定を結んだ。県警と大学による協定は今回が初めて。9月18日に同大東山手キャンパスであった締結式で、両署長と加納孝代学長が協定書に調印した(写真)。

長崎県2署と女子大でも協定結ぶ

    

◆青森県公安委員長が実地監査に同行

青森県警は鰺ケ沢署に対する実地監査を実施した。署員が、留置管理課長による捜留分離や捜留連携などを中心とした出前教養を聴講したほか、DVDで問題被留置者に対する取扱要領を確認した。当日は県公安委員会の今井高志委員長も監査に同行。署員が行う問題被留置者に対する戒具使用訓練、護送要領の実技訓練を視察した(写真)。

  青森県公安委員長が実地監査に同行

 

~放射塔~カボチャに仮装のゆるキャラが交通安全呼び掛け

○…石川県珠洲署の玄関に、ご当地のゆるキャラ「みつけたろう(珠洲市)」と「のっとりん(能登町)」の“仮装”をしたカボチャが展示され(写真)、交通安全を呼び掛けている。
○…カボチャは住民から提供され、交通安全協会職員が飾り付けたもの。運転免許証自主返納をPRする内容の吹き出しを貼ることで、高齢者の交通事故防止への意識を促す。
○…来庁者からは「可愛らしいですね」や「交通事故には気をつけます」などの声が聞かれたほか、ユニークなカボチャのいでたちに足を止め、見入る人の姿もあるようだ。

カボチャに仮装のゆるキャラが交通安全呼び掛け

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer