日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆秋の全国交通安全運動期間中の交通事故発生状況

警察庁は平成27年秋の全国交通安全運動期間中(9月21日から30日までの10日間)の「交通事故発生状況」をまとめた。期間中の交通事故死者数は120人で、昨年の同運動期間中と比べると9人(8.1%)増加した。死者で最も多いのは65歳以上の高齢者。また、状態別では歩行中が最も多かった。

 

 

◆愛知県警が交通死亡事故の特徴を星座別で発表

多発する交通死亡事故を抑止するため、愛知県警は「星座別の交通死亡事故の特徴」を発表した(写真)。従来の手法とは違った観点での事故対策で、全国ネットのテレビや新聞各社が取り上げたほか、週刊誌やインターネットでも特集が組まれ、大きな反響を呼んでいる。過去10年間の県内の交通事故死者2,911人に関与した当事者を対象に、誕生日ごとの星座で「どのような交通事故の特徴等があるのか」を抽出した。

愛知県警が交通死亡事故の特徴を星座別で発表              

◆京都府北部5署でチェーンソーの習熟訓練

京都府北部5署の第二機動隊員(主に地域課員で編成)が府立林業大学校教授らの指導で、災害装備資機材(チェーンソー)習熟訓練を実施した(写真)。5署は管轄区域の大半が山間部で、災害が発生した場合は機動隊や管区機動隊の到着に時間が掛かるという。訓練は研修施設を備えた「スチールの森京都」(府立府民の森ひよし)で行われた。基礎講習に続き、不安定足場で倒木を切断する基礎訓練、道路を塞ぐ倒木の切断・排除の実戦的な応用訓練など、技術レベルに応じた系統的な訓練に取り組んだ。

京都府北部5署でチェーンソーの習熟訓練

    

◆被留置者の逃走想定の突発事案対応訓練

福岡県朝倉署は朝倉市一木の甘木自動車学校で「護送中の被留置者が逃走した」と想定した突発事案対応訓練を行った(写真)。被留置者が護送車両から降車する僅かな隙を突き、緩めていた手錠と腰縄を外して逃走した場面で始まり、参加した署員が110番通報等による応援要請や敷地内の封鎖、逃走被留置者の検索に当たった。

  被留置者の逃走想定の突発事案対応訓練

 

~放射塔~「事故なし、犯罪なし」を“梨”配って呼び掛け

○…福井県あわら署は地元JAから提供された梨に「特殊詐欺防止」や「交通事故防止」など9種類の短冊を付けて高齢ドライバーに配り、「事故なし、犯罪なし」を呼び掛けた。
○…今が旬の梨を使い、「なし・梨大作戦」と題した取組みで、北潟こども園の幼稚園児も参加。警察官の制服を着た園児が「事故には気をつけてね」「騙されないよう気をつけてね」と声を掛けながら渡すと(写真)、高齢者は「安全運転に気をつけ、振り込め詐欺にも注意します」と笑顔で受け取っていた。
○…活動の様子は地元テレビ番組で放送されるなど、大きな反響があった。

「事故なし、犯罪なし」を“梨”配って呼び掛け

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer