日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆行政対象暴力に関するアンケート調査結果まとまる

警察庁は「行政対象暴力に関するアンケート(自治体対象)の調査結果」をまとめた。県、市、特別区を対象に今年6~7月に実施したもの。最近1年間に不当要求を受けた部門は94部門で前回調査(平成23年)に比べ減少したが、応じた部門が約1割あった。また契約書等に暴力団排除条項を盛り込んでいる部門は2,416部門(83.2%)で、前回調査に比べ大幅に増加した。

 

 

◆広島県警と福山大学で交通事故抑止の協定

広島県警は福山大学と連携し、県内で起こる交通事故を多角的見地から分析・共同研究に取り組むことを定めた協定を結んだ(写真)。共同研究では、大学が高齢ドライバーに適した注意喚起方法、運転傾向の分析に基づく道路交通・運転教育システムを提案する。県警は交通事故発生状況やその他交通事故に関する統計・分析情報の提供、大学の共同研究に関する分析等の支援・協力を行う。

広島県警と福山大学で交通事故抑止の協定              

◆和歌山県警と紀南児童相談所で合同訓練

和歌山県警は県南部を管轄する紀南児童相談所と合同訓練を行った(写真)。児相との連携を強化し、被害児童の安全確認・確保を最優先とした現場対応能力を向上させるためだ。県警は平成25年から、県内児相とのロールプレイング方式による合同訓練を行っているが、紀南児童相談所では初めて。

和歌山県警と紀南児童相談所で合同訓練

    

◆秋田県にかほ署で被害者遺族の特別講演

秋田県にかほ署は犯罪被害者が受けた痛み、被害者に対する支援の必要性と重要性に理解を深めるため、交通死亡事故被害者遺族による特別講演を実施した(写真)。講演したのは、7歳の息子を交通事故で亡くした女性。「変わらぬ思い」と題し、息子の生前の写真を交えつつ、母親としての思いを涙ながらに訴えた。

  秋田県にかほ署で被害者遺族の特別講演

 

~放射塔~アニメ映画のタイアップポスターで被害者支援を広報

○…京都府警本部警務課犯罪被害者支援室は、9月19日に公開が始まったアニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」とのタイアップポスター(写真)を製作した。府内の公共施設などに掲示している。
○…ポスターには今年度の府犯罪被害者支援スローガン「支えよう 素敵な笑顔 もどるまで」を記載。スローガンは府犯罪被害者支援連絡協議会会員から応募のあった232点から選ばれた。
○…スローガンのほかに、映画をイメージして室員が考案した「聞かせてください。あなたの伝えられないその思い」のメッセージも。支援室は「被害者は積極的な相談を」と呼び掛けている。

アニメ映画のタイアップポスターで被害者支援を広報

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer