日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆全国捜査関係課長等会議を開催

警察庁は東京・千代田区隼町のグランドアーク半蔵門で「全国捜査関係課長等会議」を開いた。会議には各都道府県警の刑事企画(総務)、捜査一、捜査二、捜査三、捜査四、暴力団対策、捜査共助、組織犯罪対策、薬物銃器対策、国際捜査各課長等が出席。金高雅仁長官は①新時代の刑事司法制度に適応できる警察捜査の構築②検挙力の強化③組織犯罪対策の推進―について訓示した。

 

 

◆「賃貸住宅防犯ネットあいち」を構築

愛知県警は賃貸住宅管理事業者など12企業や県と連携し、防犯ネットワーク「賃貸住宅防犯ネットあいち」を構築した。賃貸住宅に住む入居者などが被害に遭う性犯罪や住宅対象侵入盗の未然防止対策を強力に推進する。発足式では、中村正孝生活安全部長があいさつし「皆さまの地道な活動が賃貸住宅入居者の犯罪被害を防ぎます。警察も連携してさまざまな防犯対策を推進し、犯罪を減少させたい」と意気込みを語った。

             

◆遊技業防犯協力会に詐欺被害防止の協力を依頼

埼玉県所沢署はパチンコ店23店舗が加盟する所沢地区遊技業防犯協力会に振り込め詐欺被害防止協力事業者証を交付し、▽被害防止機器の普及促進▽高齢利用者への積極的な声掛け▽被害防止広報―を依頼した。被害防止機器の普及では、全23店舗に家庭用電話機に簡単に取り付けることができる「防犯用レコーダー」(東芝製、市販価格約6,500円)を景品に取り入れてもらっている(写真)。

遊技業防犯協力会に詐欺被害防止の協力を依頼

    

◆函館方面公安委員と女性職員で座談会

北海道警函館方面本部は同方面公安委員会の宮崎加奈古委員と本部勤務の女性職員9人との座談会を開いた。女性職員の警察業務と職場環境に対する公安委員の理解を深めるとともに、女性職員が公安委員から助言などを得ることで業務に対する意識啓発を図る。仕事をするうえでのやりがい、苦労、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)、現在の組織、施設、男性職員に対する要望、意見などがテーマとなった。

 

 

~放射塔~「美濃焼の街」が特殊詐欺防止の川柳を全国から募集

○…岐阜県多治見署と東濃西部地区防犯協会は「美濃焼の街de開催 騙されま川柳コンクール」と題し、特殊詐欺被害防止を呼び掛ける川柳を全国から募集している。今後、入選作を各種広報に活用する。
○…被害者の大半が高齢者で、川柳を通じて関心を持ってもらうため、応募は65歳以上の高齢者に限る。加えて、管内地場産業の陶磁器「美濃焼」を全国にPRするため、入選作の副賞には「美濃焼」を贈る。大賞作の副賞は美濃陶芸協会会長の林恭助さんや副会長の安藤工さんの作品となっている(写真)。
○…締め切りは10月20日(必着)。応募要項の詳細は同署ホームページか、同防犯協会(0572―22―0110)まで。

「美濃焼の街」が特殊詐欺防止の川柳を全国から募集

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer