日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の薬物事犯検挙状況(暫定値)

警察庁は「平成27年上半期の薬物事犯の検挙状況(暫定値)」をまとめた。薬物事犯の検挙人員は6,239人で昨年同期に比べ増加した。また、危険ドラッグ事犯の検挙人員は689人で、昨年同期に比べ大幅に増加した。このうち、法改正による指定薬物の単純所持・使用等の検挙人員が422人で78.4%と約8割を占めた。警察では引き続き関係機関と連携した対策を強化する。

 

 

◆警視庁で署長会議を開催

警視庁は署長会議を開催した。高橋清孝警視総監は▽サミット等を見据えたテロ等不法事案の防圧検挙▽犯罪抑止総合対策の推進▽暴力団総合対策をはじめとする総合的な組織犯罪対策の推進▽重大交通事故防止対策の推進▽人身安全関連事案への的確な対応▽サイバー犯罪・サイバー攻撃対策の推進▽震災対策をはじめとする災害警備諸対策の推進―について訓示した。

             

◆奈良・京都の大学生ボランティアで防犯スクール

奈良県警と京都府警の主催で「夏の防犯スクール」と題する啓発活動が京都府のショッピングセンターで行われた。奈良から「あっぷりけ戦隊!奈良まもりたい」、京都から「ロックモンキーズ」といった大学生等防犯ボランティア団体が参加し、「子供と女性の安全対策」「自転車盗難に関する被害防止」を呼び掛けた。
    

◆バスやタクシーに交通事故防止の「特別指令」チラシ

佐賀県警は交通事故防止のための啓発チラシを作製し、県内を走る乗り合いバス約360台とタクシー約1,100台に掲示した(写真)。県警は県バス・タクシー協会と、認知症等で路上を徘徊する高齢者を交通事故から守るための覚書を交わしており、啓発チラシの掲示でも協力が得られたという。「特別指令」の文字が目を引くチラシは▽人口10万人当たりの交通事故発生件数全国ワーストから脱却せよ(マルチ編)▽運転中のスマホや携帯は中止せよ(ドライバー編)▽夜間は反射材を身に付けよ(歩行者編)―などの3種類。

  バスやタクシーに交通事故防止の「特別指令」チラシ

 

~放射塔~歌手・相川七瀬さんを岡山の交通安全大使に任命

○…岡山県警は歌手の相川七瀬さんを初の「おかやま交通安全大使」に任命した。相川さんをモデルに起用した啓発ポスターをつくり、県内の警察施設や官公庁、民間事業所への掲示、県警ホームページでの公開を通じて、車両の安全な運転を呼び掛ける。任期は来年3月31日まで。
○…県民に対するインパクトと高いPR効果を見込み、相川さんが総社市の「総社赤米大使」として活躍するなど、県とゆかりがあることから委嘱したという。相川さんは今後、県警が取り組む「交通秩序回復に向けた県民運動」のスローガン「出そうや合図! 守ろう信号!」の広報に努める。
○…同日に総社市総合文化センターで委嘱式があり、小林伸治交通部長から相川さんに委嘱状が手渡された。啓発ポスターはB2判縦1万枚とB3判横3,000枚を作製。女性白バイ隊員の相川さんが「ウインカーを出さないと!」「黄色信号は止まれでしょ!」と訴えるデザインになっている(写真)。

歌手・相川七瀬さんを岡山の交通安全大使に任命

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer