日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆東日本大震災後4年半に当たっての被害状況

警察庁は「東日本大震災発災後4年半に当たっての被害状況等」をまとめた。8月31日現在、死者は1万5,893人、行方不明者は2,573人、負傷者は6,152人。発災以降、全都道府県警察から延べ129万人以上の警察職員が派遣された。現在、福島県に約160人が派遣され避難指示区域内における警ら等に従事している。また、被災3県における今年3月から8月までの刑法犯認知件数は、平成22年の同期間と比べ29.7%減少している。

 

 

◆滋賀県警と県電器商業組合で覚書を締結

滋賀県警は「高齢者を事件・事故から守る活動に関する覚書」を県電器商業組合と結んだ。県警本部であった締結式で、県警の川島聡生活安全部長、西岡邦彦交通部長と同組合の北田勲理事長が調印した(写真)。同組合には県内11支部223店舗が加盟。今後は、各支部に特殊詐欺撃退機能付き電話機1台を貸与し、これを各支部が高齢者宅1件にモニター設置する。効果を広くPRし、撃退機能付き電話機の普及促進を図る取組みだ。

滋賀県警と県電器商業組合で覚書を締結              

◆「ぱど」と連携して振り込め詐欺撲滅キャンペーン

神奈川県警と地域密着型のフリーペーパー「ぱど」を発行する㈱ぱどが連携し、「『防犯ぱどロール隊』出発式と振り込め詐欺撲滅キャンペーン」が横浜市中区の桜木町駅前広場で行われた(写真)。敬老の日を前に、振り込め詐欺防止の啓発チラシと最新号のぱどを一緒に配り、被害に遭わないよう呼び掛けた。同隊は、ぱどを配布するスタッフで構成。今後は「『ぱど』を配布しながら街をパトロールしています」と書かれた防犯腕章を着けて警戒活動に当たる。同社によると、県内の配布スタッフは約1,200人にのぼるという。

「ぱど」と連携して振り込め詐欺撲滅キャンペーン

    

◆山形県警鉄警隊で救急救命訓練

東海道新幹線放火事件を受け、山形県警鉄道警察隊は隊員や、隊員を兼務する山形署山形駅前交番勤務員らを対象に、列車内を想定した救急救命訓練を行った(写真)。訓練では、救急法指導員(日本赤十字社)の資格を持つ県警人材育成課術科係長から救命措置の基本を受講。参加した16人が胸骨圧迫や人工呼吸の手順などを再確認した。

  山形県警鉄警隊で救急救命訓練

 

~放射塔~盛りだくさんの署見学会で子供たちも仕事に興味津々

○…静岡県細江署で子供が警察の仕事や施設などを見学するイベントがあり、幼稚園児や小学生とその家族の約300人が参加し、白バイ・パトカーの乗車体験や県警広報大使「アーマードポリス」との写真撮影を楽しんだ(写真)。
○…イベントは今年で3回目。子供たちは庁舎内でのクイズラリーにも挑戦し、警察の仕事を勉強。イベント終盤にあった元白バイ女性隊員によるスラローム走行や模範走行の見学では、颯爽と走行する姿に歓声を上げていた。
○…子供たちはさまざまな催しを通して警察に興味を持った様子。小学生児童の一人は「白バイがとてもかっこよかった。将来は警察官になりたいと思いました」と声を弾ませていた。

盛りだくさんの署見学会で子供たちも仕事に興味津々

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer