日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆お盆時期10日間の交通事故発生状況

警察庁は、「お盆時期10日間(8月8日~17日)の交通事故発生状況」をまとめた。期間中の発生件数は1万3,355件、死者数は106人、負傷者数は1万7,353人で、昨年の同期間と比べると、発生件数は442件(3.2%)減、死者数は18人(20.5%)増、負傷者数は422人(2.4%)減で、死者数が大きく増加した。

 

 

◆和歌山県警で児童相談所との合同研修会

和歌山県警本部少年課は、県警察学校で児童相談所との合同研修会を開催した。丸木健嗣生活安全部長や楠山隆少年課長をはじめ、県内各署の生活安全係担当幹部らが出席した。講義では、都道府県の児童相談所で全国で唯一、弁護士資格を持つ同センターの土居聡主幹が、児相の実務内容などを解説した(写真)。今後の県警を担う人材である初任補修科生も児相の役割、連携強化の必要性を早期に認識するため講義を聴講した。

和歌山県警で児童相談所との合同研修会              

◆愛知県碧南署が機器機材等の借用に関する協定を結ぶ

愛知県碧南署は南海トラフ巨大地震対策で、碧南市に所在する「アイシン精機㈱衣浦工場」と、機器機材等の借用に関する協定を締結した(写真)。同社では、工場の稼働時間帯での全勤務員対象の避難誘導訓練を行うなど、組織を挙げた災害対策に取り組んでおり、災害に備えた機器材等の備蓄は約100品目約1万7,000点に及ぶ。災害時にはこうした機器材等の無償借用を受け、警察活動に活用する。

愛知県碧南署が機器機材等の借用に関する協定を結ぶ

    

◆市民約3800人が交通安全を呼び掛け「旗の波街頭啓発」

北海道函館方面函館中央署は、市民3,816人が一斉に街頭に立ち、交通安全旗を手にドライバーに交通安全を訴える「旗の波街頭啓発」を行った(写真)。参加者一人一人が、飲酒運転根絶・スピードダウン・高齢者事故防止などの手旗を手に通行する車両のドライバーや歩行者に交通安全を訴えるもので3,000人以上が一度に参加する啓発活動は全国一の規模。

  市民約3800人が交通安全を呼び掛け「旗の波街頭啓発」

 

~放射塔~鳥取県警本部機動隊で職場見学会

○…鳥取県警本部機動隊は、隊員家族28人を招いて職場見学会を行った。警察活動に対する家族の理解とともに、職員の士気高揚を図るねらい。
○…参加した家族は業務内容の説明を受け、事務室から武道場、待機寮、車庫棟などの隊舎内を見学。その後、各ブースで潜水用ボンベ呼吸体験(写真)やレスキュー車の乗車体験をしたほか、隊員10人によるレンジャー訓練も見学した。
○…普段見ることのない警察車両や装備品に家族の関心が集まり、子供たちも制服での記念撮影や隊員との昼食会を楽しんだ。家族からは「家族のために仕事をしてくれていることがよく分かった。家ではしっかり休ませてあげようと思います」などの反響があった。

鳥取県警本部機動隊で職場見学会

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer