日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆愛知県警で女性盆栽士を振り込め詐欺防止啓発サポーターに

広く県民に特殊詐欺の現状や対策方法を知ってもらおうと、愛知県警はこのほど、元タレントで女性盆栽士の森友美さんを「振り込め詐欺防止啓発サポーター」に委嘱した(写真)。20代では珍しい女性盆栽士として活動する森さん。県警は盆栽を通じた高齢者層に対する効果的な広報を期待するといい、今後は県警本部が行うキャンペーン活動や各署の振り込め詐欺被害防止広報に取り組む。委嘱状を渡された森さんは「振り込め詐欺の被害が1件でもなくなるよう一生懸命頑張りたい」と決意を表明した。
愛知県警で女性盆栽士を振り込め詐欺防止啓発サポーターに

 

 

広島県三原署が関係機関とトリプル協定結ぶ

日本一安全安心な三原市の実現に向け、広島県三原署は関係機関と三つの協定を結んだ。関係機関と緊密に連携して諸対策を協働実施するためで、7月22日には市教育委員会との間で「児童生徒の健全育成に係る三原市教育委員会と三原警察署との相互連絡制度に関する協定」を締結。28日には市や社会福祉法人三原市社会福祉協議会等と「三原市高齢者安全・安心ネットワーク設置に関する協定」を締結。また30日には、署管内金融機関防犯組合との間で「特殊詐欺被害対策の協働実施に関する協定」を結んだ(写真)。

広島県三原署が関係機関とトリプル協定結ぶ              

◆コンサートの会場で特殊詐欺被害防止の寸劇披露

北海道旭川方面天塩署の署員と地元金融機関職員が道警音楽隊と管内の中学、高校の吹奏楽部が協演した「安全・安心フェスティバル~絆コンサート~」の会場で、特殊詐欺被害防止寸劇を披露した(写真)。署員や職員は高齢被害者や詐欺犯人に扮して巧みに演じきり、会場に訪れた多くの住民からは絶賛の声が上がった。

コンサートの会場で特殊詐欺被害防止の寸劇披露

    

◆富山県富山西署で自主防活性化の研修会

地域ぐるみで犯罪や交通事故を防ごうと、富山県富山西署は管内5地区の「犯罪の起きにくい社会づくりモデル地区」代表者らを集め、自主防犯活動の活性化に向けた研修会を行った。研修会では同署地域安全ふるさと大使を務める、女優の内田もも香さんが「特殊詐欺にだまされないゾウ」と書かれた啓発用ポスターをモデル地区代表者に手渡した(写真)。

  富山県富山西署で自主防活性化の研修会

 

~放射塔~白バイ隊員のイラスト入り「交通安全啓発絵馬」

○…兵庫県警交通機動隊が広報活動などで市民に配る「交通安全啓発絵馬」(写真)が好評を得ている。
○…絵馬の表面には白バイ警察官(男性もしくは女性)のイラストが描かれ、「祈交通安全」の文字も記載。裏面には交通部のスローガン「Do our best『ただいま』の笑顔届けるために」の文字を印刷している。
○…すぐに処分されやすいチラシ等ではなく、老若男女に受け入れられやすく手元に残る啓発効果を見込んで隊員が考案したという。夏休み期間中の各種イベントで配られ、市民からは「初心者マークの息子にお守りとして渡します」「家族が集まる居間に飾ります」などの声が聞かれた。

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer