日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆上半期の高齢者を狙った特殊詐欺と被害金交付形態別状況

警察庁は平成27年上半期の特殊詐欺のうち、「高齢者の資産を標的とした特殊詐欺」と「被害金交付形態別状況」をまとめた。65歳以上の高齢者被害の認知件数は5,408件で、昨年同期に比べ544件増と大幅に増加した。その割合(高齢者率)は77.2%となっている。また、被害金の交付形態のうち、現金送付型の被害は72億4,000万円で、昨年同期に比べ大きく減少した。

 

 

◆福島県警でインターネット利用犯罪の捜査研修会

福島県警は福島署で本部勤務員対象の「インターネット利用犯罪の捜査に関する研修会」を開催した(写真)。本部職員のサイバーセキュリティに関する意識の向上と捜査員のサイバー犯罪等の捜査能力の底上げが目的。3日間で本部内各部門から約400人が出席し、インターネットの仕組み、サイバー犯罪の基本的な捜査要領のほか、情報技術解析課員の指導でスマートフォン等の情報技術解析手法を学んだ。

福島県警でインターネット利用犯罪の捜査研修会              

◆企業から提供商品を交通安全の啓発に活用

兵庫県警は県内の企業と連携し、県民に対する交通安全啓発活動を展開している。啓発活動の趣旨に賛同する企業から商品提供を受け、ユニークな交通安全キャッチフレーズを付けてキャンペーンに活用。これまでに▽ユーシーシーフーヅ㈱(コーヒー等販売業)のドリップコーヒー100袋に「焦る気持ちにブレーキ!レッツコーヒーブレイク!」を貼付して配布▽伊丹産業㈱(燃料・米穀販売業)の米袋(300㌘入り)に「一膳に今日も無事故の願いコメ」を貼付して配布―などのキャンペーンに取り組んでいる。
    

◆福井県警察学校が特別養護老人ホームで職場体験研修

福井県警察学校は初任科教養の一環で、福井市内の特別養護老人ホームで職場体験研修を行った(写真)。介護福祉の現場を実際に体験・見聞することで、高齢者との対話能力や奉仕の精神を涵養し、職務倫理観の醸成につなげるねらい。4月採用の初任科短期課程の62人が参加した。

  福井県警察学校が特別養護老人ホームで職場体験研修

 

~放射塔~オリジナルトートバッグでネットの違法情報排除を呼び掛け

○…インターネット上の違法・有害情報の排除を呼び掛けるため、徳島県警察は啓発トートバッグをつくり、県内4大学の学生等サイバーボランティア「県警ネットウォッチャー」認定者らに配布している。
○…トートバッグは生成り綿製で、縦37㌢×横36㌢×奥行11㌢。表面には違法・有害情報を発見した際の通報先であるインターネット・ホットラインセンターのURLなどが記されている(写真)。ボランティア参加者に日常的に持ち歩いてもらい、同センターの浸透を図ろうと、300枚を作製した。
○…学生ボランティアにも「デザインがおしゃれで日常生活でも使いやすい。バッグを使い、友人にも通報の必要性を教えていきたい」と好評で、県警は広報啓発への効果に期待を寄せている。

オリジナルトートバッグでネットの違法情報排除を呼び掛け

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer