日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成27年上半期の特殊詐欺認知・検挙状況

警察庁は「平成27年上半期の特殊詐欺の認知・検挙状況」をまとめた。特殊詐欺の認知件数は7,007件、被害

額は236億5,233万3,000円で、昨年同期に比べ認知件数は増加したが、被害額は減少した。特殊詐欺のうち振

り込め詐欺の認知件数、被害額は昨年同期より増加している。検挙件数、検挙人員は昨年同期より増加、全

国の警察では32カ所の犯行拠点を摘発、現場で204人を検挙した。

 

 

◆ドローンの開発・運用会社と情報収集の協定結ぶ

愛知県警は小型無人機「ドローン」の開発・運用を行う㈱マルチコプターラボ(名古屋市)と「災害時等における小型無人機による情報収集等に関する協定」を締結した。県警本部での調印式で、中根健警備部長と同社の長﨑洋二代表取締役社長が協定書に署名・調印(写真)。協定では、県内で災害等が発生した場合の小型無人機の出動要請について定めている。

ドローンの開発・運用会社と情報収集の協定結ぶ              

◆浜松市5署の合同犯罪抑止対策研修会

静岡県浜松総合庁舎で「浜松市5警察署合同犯罪抑止対策(万引き防止)研修会」が開かれた(写真)。市内の刑法犯認知件数の1割を占める「万引き」について、警察や行政と被害多発店舗が犯罪抑止のための情報を共有する機会。各署員や各地区防犯協会員はじめ、市高齢者福祉課・次世代育成課など12人、被害多発店舗9業種35店舗の店長・防犯担当者47人など総勢81人が出席した。

浜松市5署の合同犯罪抑止対策研修会

    

◆兵庫県甲子園署で大規模地震想定の救出救助訓練

兵庫県甲子園署は西宮市営古川町団地で大規模地震発生による建物倒壊を想定した救出救助訓練を行った。同署と災害対策課、広域緊急援助隊(機動隊)の4所属32人が参加した。はじめに広域緊急援助隊の指導員が装備資機材(エンジンカッター)の操作要領などを教養。その後、署の管機隊員らは鉄扉切断に取り組み(写真)、災害対処能力の向上に努めた。

  兵庫県甲子園署で大規模地震想定の救出救助訓練

 

~放射塔~深刻化する万引き被害にトラの目で睨み

○…広島県警察本部安全安心推進課の働き掛けで、県内のスーパーで構成する県スーパーマーケット協会・防犯協議会がこのほど、万引き被害防止ポスター4,000枚を作製した。
○…防犯CSR活動(社会貢献活動)の一環といい、ポスターのデザインは県立三原特別支援学校の本沖愛彦さん(3月高等部卒業)が描いたトラの絵を活用。「見られてる あなたの心と行動が」の言葉も添え(写真)、インパクト十分に仕上がっている。
○…ポスターは協会傘下の324店舗をはじめ県内各署や交番、駅、公民館、スーパーなどに配布し、広く被害防止を訴える。同署によると、昨年中の県内の万引き認知件数は3,011件で、前年よりも119件多いなど、深刻な状況にある。

深刻化する万引き被害にトラの目で睨み

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer