日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆警察庁で二輪車安全対策推進連絡会議を開催

警察庁は合同庁舎2号館で「二輪車安全対策推進連絡会議(第2回)」を開いた。昨年11月に警察庁と二輪車関係7団体の代表者が同連絡会議を開催して意見交換等を行い、その後、二輪車の交通安全対策を推進するための連携策が取りまとめられた。今回この連携策に基づく取組状況の確認を行うとともに、例年、夏から秋にかけて二輪車の交通事故が増加する傾向にあることから、二輪車の事故防止に向けて意見交換し情報共有を図ったもの。

 

 

◆性暴力被害者ワンストップ相談支援センターとの連携を議論

京都府警は警察署長研修会を開き、8月に設置される予定の「京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター」との連携要領などを議論した。同センターは知事部局が設置する。性暴力被害者に対する総合的な支援を提供し、性暴力被害者の心身に係る負担軽減と早期回復を図るねらい。被害の潜在化も防ぎ、性暴力のない社会づくりを目指す。

             

◆警視庁が「危険ドラッグ撲滅都民大会」

警視庁は千代田区・よみうりホールで「危険ドラッグ撲滅都民大会」を開催した。危険ドラッグの危険性、有害性を周知し、乱用根絶を醸成する目的。高綱直良警視総監、舛添要一東京都知事をはじめ、約900人が参加した。大会では、ももいろクローバーZに危険ドラッグ撲滅大使を委嘱、メンバーを代表して百田夏菜子さんに委嘱状を手渡した。参加者らは百田さんの掛け声に合わせて「危険ドラッグを絶対にゆるさないZ」のポーズを決めた(写真)。

警視庁が「危険ドラッグ撲滅都民大会」

    

◆岩手県警で人間関係醸成の「CAL講座」を実施

岩手県警と警察共済組合岩手県支部は外部の臨床心理士の協力で、今年から体験型研修「脳と体で学ぶ人間関係醸成術『CAL講座』」を開催している(写真)。近年増加するメンタル不調への新たな取組みで、「CAL」はContact、Approach、Learnの頭文字を組み合わせたネーミング。さまざまなコミュニケーション演習を通じて学習し、ストレスへの対処能力を高める。

  岩手県警で人間関係醸成の「CAL講座」を実施

 

~放射塔~高砂親方が詐欺防止のキャンペーンに参加

○…横綱白鵬が35度目の優勝を飾った大相撲名古屋場所。開幕前の7月4日、愛知県刈谷署は県内入りした高砂親方(元大関朝潮)を一日警察署長に委嘱し、JR刈谷駅前で振り込め詐欺被害防止キャンペーンを開いた。
○…署での委嘱式には高砂部屋の力士14人と呼び出しや行司ら計20人も参加。式後、呼び出しの利樹之丞さんが相撲甚句の替え歌「振り込め詐欺にはだまされないように」を披露した。
○…キャンペーンには高砂親方のほかに、大村秀章県知事や一日女性警察官に委嘱された刈谷市内の金融機関等の女性職員8人も加わった(写真)。駅利用客らに啓発チラシ約200枚を配り「大金を引き出す前にまず相談」と呼び掛けた。

高砂親方が詐欺防止のキャンペーンに参加

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer