日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆「警察庁CSIRT」最近の活動状況まとまる

警察庁は「警察庁CSIRTの最近の活動状況」についてまとめた。警察情報システムにおける情報セキュリティインシデント(不正プログラム感染事案、不正アクセス事案、サイバー攻撃事案等)に組織的に対処するため、各種対処活動や未然防止活動のほか、技術的対処能力等を強化するための標的型メール対処訓練などを実施している。

 

 

◆徳島県警で「ネットウォッチャー」を認定

徳島県警は、インターネット上の違法・有害情報を発見した場合にその内容や掲載場所などを通報するサイバーボランティア「ネットウォッチャー」に、県内4大学の大学生や大学院生、教職員計87人(新規認定者43人)を認定した(写真)。平成24年度に始まった取組みで1年ごとの更新。サイバーパトロールのほかに、警察署と連携した広報啓発活動に取り組む。

徳島県警で「ネットウォッチャー」を認定              

◆初代タイガーマスクがうそ電話詐欺撲滅に協力

山口県警は県民総ぐるみで「うそ電話詐欺(特殊詐欺)」の被害撲滅を目指す県民運動を開始した。取組みには、地元山口県出身のプロレスラーで「山口ふるさと大使」の初代タイガーマスク佐山聡氏も無償で協力。6月に東京・後楽園ホールで開催されたプロレスの興行で、初代タイガーポリス(うそ電話詐欺撲滅山口県担当)とうそ電話詐欺撲滅の宣言をした(写真)。

初代タイガーマスクがうそ電話詐欺撲滅に協力

    

◆山形県警察学校で非常召集訓練と交通街頭立哨

山形県警察学校は初任科生を対象に非常召集訓練と交通街頭立哨を行った。午後5時20分に非常召集を発令し、学生の応召状況を確認。その後の街頭立哨では、参加した64人が学校周辺の信号交差点5カ所で、交通事故防止を呼び掛けるプラカードや幟旗を掲げ(写真)、帰宅時間帯のドライバーや自転車利用者に注意を促した。

  山形県警察学校で非常召集訓練と交通街頭立哨

 

~放射塔~「正しい横断歩道の渡り方」錦戸親方が園児にお手本

○…愛知県瑞穂署は大相撲名古屋場所に合わせて名古屋入りしている錦戸親方(元関脇水戸泉)を一日警察署長に委嘱し、保育園児に正しい横断歩道の渡り方を教える交通安全教室を、管内の軍水保育園で行った。親方は「横断歩道を渡る時はハンド・アップ。まず手を挙げて、しっかり安全を確かめてから渡りましょう」と園児に優しく語り掛け、設置された模擬横断歩道で手本を示した(写真)。
○…教室では、園児70人が手を挙げて模擬横断歩道を渡った。親方はその都度手で大きな丸をつくり「よくできました」と褒め、園児もうれしそうな表情をみせていた。
○…同署によると県内では今年、子供の交通死亡事故が2件発生している。この日の教室には地元女性会や住民ら約40人も参加し、園児の正しい横断に拍手を送った。

「正しい横断歩道の渡り方」錦戸親方が園児にお手本

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer