日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆暴力団離脱者の社会復帰対策について通達

警察庁は6月19日付で、全国の警察に「暴力団離脱者の社会復帰対策の推進に伴う関係都道府県警察等との協力等」について通達した。暴力団離脱者の社会復帰対策については、都道府県暴力追放運動推進センターで様々な施策を講じているが、離脱者の希望や経緯によっては他の都道府県に就業先を確保する必要がある。このため、▽都道府県警察間及び都道府県センター間の協力▽社会復帰対策協議会の活性化と機能の強化▽就業後のアフターケアの充実―を指示した。

 

 

◆神奈川県警でサイバー犯罪対策の研修会開く

神奈川県警察学校で6月22日~24日、「サイバー攻撃及びサイバー犯罪対策プロジェクト研修会」が開かれ、同プロジェクト員に指定されている本部内各所属の警察職員(各日約30人)が参加した(写真)。プロジェクト員の総数は約100人にのぼり、各所属の事件担当者が多いという。研修ではサイバー犯罪初動捜査要領や不正プログラム解析基礎などに関する講義があった後、サイバー攻撃を受けた場合の想定演習に取り組んだ。

神奈川県警でサイバー犯罪対策の研修会開く              

◆FMラジオで不法就労・滞在の防止広報

兵庫県高砂署は署員がFMラジオ生放送で不法就労・滞在の防止を呼び掛ける広報活動を行った。加古川市内の「BAN―BANネットワークス㈱」が運営している、播磨地域を中心としたラジオ局「BAN―BANラジオ」での放送。約5分間のコーナーに出演した署員はインタビュー形式で「不法就労・滞在とは何か」「事業者が外国人を雇用する場合に気をつけるべきこと」などについて説明した(写真)。

FMラジオで不法就労・滞在の防止広報

    

◆東日本大震災の出向警察官が小学校で講演

広島県広島西署は広島市内の小学校で東日本大震災に関する講演を開き、岩手県警に出向した経験を持つ前川巡査部長が被災地での活動を紹介した。前川巡査部長の出向期間は1年2カ月。講演では厳しい環境のなか、復興に取り組んでいる被災地の状況を紹介するとともに、命を大切にすることの重要性を伝えた(写真)。

  東日本大震災の出向警察官が小学校で講演

 

~放射塔~交通安全の願いを込めて懸垂幕掲げる

○…愛知県江南署の別館壁面に大型懸垂幕が掲げられている。
○…懸垂幕は5㍍×0.9㍍。創立50周年の江南ロータリークラブから「市民の安全に役立つもの」として江南交通安全協会が寄贈を受けた。交通安全を内容としたもの(交通安全スリーS、飲酒運転と厳禁事項)2幕と、生活安全を内容としたもの(安心して暮らせる安全なまちの確立)1幕の計3幕あり、交互に掲示するという。
○…除幕式でお目見えしたのは「交通安全 スリーS みんなで実現」と書かれたもの。可児賢司署長は「この懸垂幕を、管内住民を守る気持ちの表れとさせてもらいます」と決意を表明(写真)。除幕式の様子はマスコミにも報道され、管内住民から好評を得ている。

交通安全の願いを込めて懸垂幕掲げる

 

▼2015年1月~6月

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



footer