日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆14都府県43カ所に環状交差点を導入

内閣府は平成27年版交通安全白書を発表したが、その中で「環状交差点(ラウンドアバウト)の導入について」をトピックスとして取り上げている。交通事故の減少、被害の軽減、交差点における待ち時間の減少、災害時の対応能力の向上などを目的に、平成27年3月末までに14都府県の43カ所に環状交差点の交通規制が導入されている。全国の警察では、引き続き効果が発揮できる箇所への導入を推進する。

 

 

◆警視庁や都で交通安全対策の緊急会議

都や警視庁などが参加する「東京都交通安全対策会議幹事会~交通事故死者数急増に伴う緊急会議~」が都庁第一本庁舎42階の特別会議室で開かれた(写真)。昨年を上回るペースで交通死亡事故死者数が増加していることから開かれたもので、河合潔東京都青少年・治安対策本部長、廣田耕一交通部長をはじめ、関係各幹事らが参加し都内の交通事故の現状説明を受けた後、対応等について協議した。

警視庁や都で交通安全対策の緊急会議              

◆三重県警で山岳遭難救助のレンジャー訓練

本格的な登山シーズンを迎え、過酷な山岳遭難救助現場で遭難者を安全に救助できる技術を高めようと、三重県警機動隊のレンジャー班は多気郡大台町地内の宮川河川敷でレンジャー訓練を行った。実戦的な山岳遭難救助を想定し、大台署山岳警備隊員と合同で実施。山岳救助活動に高度な技術を持つ県山岳連盟の指導で、山岳地帯での作業中における安全確保、登山歩行の注意事項、自己確保の取り方などの教養を受けた。
      

◆京都府東山署松原交番が移転して「平安なでしこ交番」に

京都府東山署松原交番の移転・新築に伴う落成式が行われた(写真)。府内27交番で一斉に運用が始まった「平安なでしこ交番」の一つで、式では勤務員の玉西ゆかり巡査部長が、地域に密着した安全・安心の拠点となることを誓った。管内に清水寺や建仁寺といった有名寺院が所在する同交番。今後は女性警察官が24時間体制で勤務に当たり、女性の視点と力を生かして警察に対する多様なニーズに対応する。

  京都府東山署松原交番が移転して「平安なでしこ交番」に

 

~放射塔~特産きゅうりで交通安全キャンペーン

○…愛知県安城署は西三河地区特産のきゅうりをドライバーに手渡し、交通安全を呼び掛けるキャンペーンを行った。
○…「車は『きゅうり(に)止まれない』キャンペーン」と銘打った。地元農業協同組合が用意したきゅうり200本に特製の交通安全シールを貼り、管内企業の女性職員が務めるセーフティレディ4人と交通安全ボランティア約100人が手渡した(写真)。
○…セーフティレディが早めのブレーキと危険予測の重要性を呼び掛けると、ドライバーは笑顔で受け取っていた。

特産きゅうりで交通安全キャンペーン

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer