日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆大学駅伝部を反射材促進モデルに指定

反射材の着用を促進し、交通事故防止につなげようと群馬県警は県内にキャンパスがある上武大学(駅伝部)を「反射材着用促進モデル大学」に指定した。県内では夜間中の歩行者の交通死亡事故が増加傾向にあり、そのほとんどが反射材を着用していない。箱根駅伝出場などの実績を持つ駅伝部の部員に、校外での練習中に反射材を着用(写真)してもらうことで、県民の着用率を高めるねらいだ。
大学駅伝部を反射材促進モデルに指定

 

 

◆秋田県にかほ署で「犯罪被害者いのちのパネル展」

犯罪被害者等の現状を広く県民に理解してもらおうと、秋田県にかほ署は春の全国交通安全運動初日の市民集会に併せて「犯罪被害者いのちのパネル展」を開催した(写真)。展示されたのは交通死亡事故の被害者遺族の声や思いが綴られたパネル。被害者の悲しみに触れた市民は「悲惨な交通死亡事故は絶対に起こされないな」「ご遺族の気持ちを感じて、交通事故のない安全な秋田県にしたいものですね」「ご遺族の思いを大切にしていくために、今後も継続して開催してほしいです」などと話していた。

秋田県にかほ署で「犯罪被害者いのちのパネル展」              

◆薬物乱用防止の「ダメ。ゼッタイ君」大型広告塔を除幕

長崎県大村署は大村中央ライオンズクラブから薬物乱用防止啓発キャラクター「ダメ。ゼッタイ君」をシンボルとする大型広告塔の寄贈を受け、除幕式を行った(写真)。同クラブ35周年を記念する活動の一環。高さが11.4㍍に及ぶ広告塔は同署中庭に設置された。「ダメ。ゼッタイ君」の看板下には垂れ幕式広告3連を吊すことができ、同署は「まさに一石三鳥の優れもの」としている。

薬物乱用防止の「ダメ。ゼッタイ君」大型広告塔を除幕

 

~放射塔~新人バスガイドが交通安全をマイク広報

○…愛知県岡崎署は名鉄観光バス㈱と協力し、名鉄東岡崎駅前ロータリーで交通安全広報キャンペーンを実施した。毎年「春の全国交通安全運動」期間にあわせて行っており、今春入社の新人バスガイドら42人がマイク広報で交通安全を啓発。参加したバスガイドは「今後、お客さまの前で話す時は観光案内に併せて交通安全を呼び掛けていきます」と話した。
○…また、同署は管内に所在する8事業所の女性職員を「岡崎・幸田セーフティレディ」に委嘱した。同署が企画する交通安全啓発イベントなどに、専用タスキを着用して参加する。期間は来年3月31日まで。
○…委嘱式が管内の大型商業施設であり、セーフティレディは委嘱状を受け取った後、交通安全応援サポーターのキャラクターと一緒になって、交通安全を呼び掛けた(写真)。

新人バスガイドが交通安全をマイク広報

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer