日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆新たに29人が警察庁指定広域技能指導官に

警察庁は「第15回警察庁指定広域技能指導官」として新たに29人の警察職員を選考、指定した。指定されたのは、様々な専門分野で長年にわたり卓越した実績を上げ、その技能・知識がそれぞれの分野で第一人者と認められる職員。今後、各都道府県警察職員に対する警察活動上必要な助言や実戦的指導、警察大学校・管区警察学校等における講義・講演、教養教材の作成等、その専門的な技能・知識の伝承教養に従事する。

 

 

◆警視庁で踏切交通事故防止大会を開催

警視庁は、春の全国交通安全運動期間中の5月12日、豊島区池袋西口公園野外ステージ・広場で「踏切交通事故防止大会」を開いた(写真)。鉄道事業者への踏切安全対策への取組意識を高め、利用者に対し踏切の危険性を認識し、安全な通行を心掛けてもらうねらい。柳澤幸弘交通規制課長、村元弘池袋署長をはじめ、関東運輸局、豊島区、都内全鉄道事業者の関係者ら約170人が参加した。

警視庁で踏切交通事故防止大会を開催              

◆若手警察官が石川県警の就職説明会をリード

石川県警は県警本部で就職説明会を開催した(写真)。昨今の厳しい採用情勢を踏まえ、昨年より約1カ月前倒し。当日は学生やその保護者など109人が参加した。平成19年度から開いているが、今回からは幹部あいさつや人事担当者による案内を廃止に。若手警察官の採用リクルーターが主体となって司会や案内などを務め、「若手が活躍できる、親しみやすい警察」を参加者にアピールした。

若手警察官が石川県警の就職説明会をリード

◆女性署長が民間ボランティア団体で講話

茨城県大子署の岡﨑美智子署長が大子町文化福祉会館で、民間ボランティア団体「大子町更生保護女性の会」の会員40人に対する講話を行った(写真)。同団体では、女性の立場から犯罪被害防止啓発活動や青少年の健全育成活動に取り組んでいる。より充実した活動を行うためにと、県内の犯罪情勢や組織内における女性の役割などに関する講話を依頼した。

  女性署長が民間ボランティア団体で講話

 

~放射塔~FMラジオの生放送に署長がゲスト出演

○…北海道札幌方面倶知安署は有倉久署長自らがFMラジオの生放送で、飲酒運転防止や特殊詐欺被害への注意、警察官採用試験の募集などを呼び掛ける広報活動を行った(写真)。
○…同署管内のニセコ町観光協会が運営している公設民営のラジオ局「ラジオニセコ」での放送。同ラジオでは生活や交通、行政などの地域情報を中心に町内約4,700世帯を対象に発信しており、地元の著名人を紹介するコーナー(毎週月曜の午後4時30分から20分間)に、有倉署長がゲスト出演したもの。
○…この日、有倉署長はインタビュー形式で警察官を志望した動機や印象に残っている事件・事故、警察官としてのやりがいなどを語った。趣味である落語に関する話題にも触れ、自身の人間性が伝わるエピソードを披露。最後に飲酒運転や特殊詐欺被害の防止を強調して伝え、町民の意識向上に努めた。

FMラジオの生放送に署長がゲスト出演

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer