日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆春の連休時の交通事故死者は86人

警察庁は春の連休時(4月29日~5月6日までの8日間)の「交通事故発生状況と暴走族の動向等」についてまとめた。期間中の交通事故死者数は86人で、昨年同期に比べ3人(3.6%)増加した。年齢層別では、65歳以上の高齢者が40人で最も多かった。また、期間中の暴走族のい集・暴走は昨年同期に比べ減少した。

 

 

◆愛知県警で「防犯住宅認定制度」を開始

愛知県警は県住宅防犯対策協議会と連携し、CP建物部品の活用など、防犯環境設計に配慮された一定の基準を満たした住宅を「防犯住宅」と認定する「防犯住宅認定制度」を開始した。防犯住宅の普及を図るねらいで、防犯住宅の施主には認定証明書や認定証、認定ステッカーが交付されるほか、防犯機器等設置購入割引、引っ越し割引などの特典を受けることができる。

             

◆連休中の軽井沢に臨時警備派出所を設置

長野県軽井沢署は4月29日から5月6日まで、旧軽井沢銀座通り入口のロータリーに、旧道臨時警備派出所を開設した。署員2人と軽井沢町嘱託の観光案内人が常駐し、観光客の地理案内や遺失拾得、迷子の取扱いのほか事件・事故に対応した。連休中の治安対策のために、同署が毎年行う軽井沢町の風物詩。29日の開所式で、小澤勇署長は「軽井沢を訪れる観光客が安心して滞在できるよう親切丁寧かつ迅速に事案対応してほしい」旨訓示した(写真)。

連休中の軽井沢に臨時警備派出所を設置

◆神奈川県警で特別技能指導官等を指定

神奈川県警は各部からの推薦を受け、県警指定特別技能指導官3人とプロフェッショナルリーダー4人を指定した。今回の指定で県警の技能指導官は12人、リーダーは25人の体制となった。県警では、卓越した専門的な技能または知識を有する者を技能指導官に、職務執行に役立てることができる優れた実務能力や特殊技能、または資格等を有する者をプロフェッショナルリーダーに指定している。

 

 

~放射塔~通帳に詐欺被害防止呼び掛けるしおり

○…青森県青森南署は地域住民に広く特殊詐欺の被害防止を呼び掛けるため、広報啓発用のしおりをつくり、青森南地区金融機関防犯協力会に贈呈した。
○…青森南地区防犯協会と連携して作製。表面には春を象徴する桜のイラストが描かれ、裏面に「『もうけ話』『息子を名乗る電話』『名義貸し』不審な電話には要注意!!」との注意喚起文を記載している。
○…4月15日の年金支給日に合わせ、管内の金融機関8店舗では現金の引き出しに訪れた高齢者の通帳に挟んで配布した(写真)。同署は「満開の桜もいずれは枯れるように、しおりで特殊詐欺をしおれさせたい」と意気込んでいる。

通帳に詐欺被害防止呼び掛けるしおり

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer