日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成26年中の来日外国人犯罪の検挙状況

警察庁は「平成26年中の来日外国人犯罪の検挙状況」をまとめた。刑法犯・特別法犯は、検挙のピークだった10年前の平成16年、17年と比べ、検挙件数は約3分の1、検挙人員は2分の1にまで減少している。刑法犯検挙人員の国籍は中国が全体の約3割を占めている。特別法犯では、偽造在留カードの所持や薬物事犯が増加した。全国の警察では、引き続き▽組織性・悪質性の高い犯罪への対応▽悪質・巧妙化する犯罪インフラ事犯への対応―を推進する。

 

 

◆愛知県警で技能指導官を新たに5人指名

愛知県警は職務質問、通信指令、検視、暴力団対策の技能指導官5人を新たに指定した。内訳は職務質問が2人で他が各1人。検視業務からの指定は全国的にも初めてといい、県警の技能指導官は広域技能指導官3人を含めると総勢24人となった。5人には木岡保雅本部長から指定書が交付された(写真)。

愛知県警で技能指導官を新たに5人指名              

◆滋賀県警と防犯ボランティア協働で特別パトロール

滋賀県警は事件・事故を防ぐため、防犯ボランティアとの協働で特別パトロールを行った。題して「パトカー出るDay!! In ゴールデンウイーク」。パトロール前に大津市内で出動式があり、三日月大造県知事ら来賓はじめ、県警本部や大津署、大津北署、自主防犯ボランティア団体の総勢170人、車両80台、ヘリ1機が参加した。

◆広島県山県署上本郷駐在所の新築開所式

広島県山県署は上本郷警察官駐在所の新築に伴う開所式を行った(写真)。山吉和幸総務部長や地元安芸太田町長ら関係者約50人はじめ、歴代の駐在所員が出席。開所を喜ぶとともに、歴代勤務員と地域住民が一堂に会したことで、警察と市民との親睦が深まった。同駐在所は、西中国山地国定公園「三段峡」や「恐羅漢山」を管内に持ち、広島・島根両県を結ぶ国道191号の中間に位置する交通の要所となっている。

 

 

~放射塔~伝統の「有田陶器市」で音楽隊がパレード

○…ゴールデンウイーク初日の4月29日、今年で112回目となる「有田陶器市」が開幕し、佐賀県警音楽隊がオープニングパレードに出演した。
○…大勢の観光客で賑わうなか、隊列を組んだ音楽隊がメーンストリートで「国民の象徴」や「ビルボード」を演奏。女性隊員が華々しいカラーガード演技を披露しながら行進し(写真)、沿道から多くの拍手や歓声を浴びていた。
○…開催地の有田町は日本磁器発祥の地として400年の歴史を持つ。陶器市は大型連休恒例の一大イベントで、今年は7日間で120万人以上の人出で賑わったという。

伝統の「有田陶器市」で音楽隊がパレード

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer