日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆春の全国交通安全運動は5月11日から

内閣府、警察庁等10府省庁、都道府県、市区町村、(一財)全日本交通安全協会、自動車安全運転センターなど13団体が主催する「平成27年春の全国交通安全運動」が5月11日から20日までの10日間、全国一斉に展開される。「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本に、▽自転車の安全利用の推進(特に、自転車の安全利用五則の周知徹底)▽全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底▽飲酒運転の根絶―を全国重点に掲げる。

 

 

◆「全国防犯CSR推進会議」が愛知で発足

愛知県警の働き掛けで、事業者が主体となった「全国防犯CSR推進会議」が発足した(写真)。県内に本拠地を置く自動車セキュリティー用品販売(卸売)事業者の加藤電機㈱が「防犯CSR活動を促進させるためには全国レベルでの活動が必要」との考えで、さまざまな業種の事業者に呼び掛けて実現。防犯CSR活動を主体的、継続的に行うことができる活動促進グループが誕生した。

「全国防犯CSR推進会議」が愛知で発足              

◆沖縄県警で新任署長の留置業務管理研修会

沖縄県警は、春の異動で新しく留置業務管理者になった5人の新任警察署長を対象に「留置業務管理に関する研修会」を実施した。冒頭、警務部長が留置業務管理者としての自覚、捜留分離の徹底と捜留連携の強化、留置担当官の士気高揚について事例を交えながら訓示。留置管理官が留置業務管理の基本である刑事収容施設法の目的と概要、実地監査、巡察、不服申立制度、当直責任者に対する具体的な指導要領等について説明した。

◆山口県警鉄警隊が新体制で初のキャンペーン活動

山口県警は組織改編に伴い、4月1日付で地域部を創設し、鉄道警察隊が地域運用課所属の執行隊として新たにスタートした。同隊初の取組みとして、痴漢や自転車盗被害の未然防止を呼び掛ける「フレッシュマン犯罪被害防止スプリング作戦」をJR新山口駅で実施。と題し、進学や就職で新たに同駅を利用することになった人を啓発対象とした。

 

~放射塔~力作ぞろいのミニ広報誌コンクール

○…富山県富山西署管内の4交番と9駐在所が作成した「ミニ広報紙」のコンクール審査会が同署で行われた(写真)。
○…ミニ広報紙は地域住民に交通事故や犯罪への注意を呼び掛けるため、毎月発行している。審査会では全署員と同署協議会会長、報道記者の計125人が出来栄えを評価。審査後には見出しの書き方やレイアウトなどについて、報道記者からアドバイスがあった。
○…最優秀賞と優秀賞は次の通り。▽最優秀賞=婦中交番「すいせんだより」▽優秀賞=八尾幹部交番「おわらの里」▽同=古里駐在所「古里駐在所だより」

力作ぞろいのミニ広報誌コンクール

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer