日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成27年度の交通安全業務計画を策定

国家公安委員会・警察庁は「平成27年度国家公安委員会・警察庁交通安全業務計画」を策定した。平成26年度交通安全業務計画からの主な追加・変更点は、▽平成25年改正道路交通法関係(自転車運転者講習制度の円滑な施行に向けた取組の推進、一定の症状を呈する病気に係るみなし継続制度の周知徹底)▽危険ドラッグ対策関係▽交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する提言関係―などが盛り込まれている。

 

 

◆宮城県警で「特別機動警ら係」が発足

宮城県警本部地域部は4月1日付で、自動車警らを担当する機動警ら隊内に職務質問技能指導員で構成する「特別機動警ら係」を発足させた(写真)。係員は、通常は自動車警らによる街頭活動に従事する一方、若手警察官や各種専科生に対する職務質問技能の実戦指導に当たる。

宮城県警で「特別機動警ら係」が発足              

◆新一年生に高綱警視総監が横断歩道の渡り方を指導

警視庁は中央区立京橋築地小学校の新入学児童50人に、高綱直良警視総監による横断訓練を実施した(写真)。都内では今年に入り、小学生の関与する事故で既に3人が亡くなっている。東京オリンピック・パラリンピック開催への再開発が進んでいる同地区の学校周辺は、交通量も多く、実際の道路環境での横断訓練を通じて、交通ルールやマナーを身につけてもらう目的。

新一年生に高綱警視総監が横断歩道の渡り方を指導

◆鹿児島県沖永良部署で「子ども110番バス」を創設

鹿児島県沖永良部署は町が運営している沖永良部バス企業団との協力で「子ども110番バス」を創設し、発足式を開催した。「子ども110番バス」は“走る子ども110番の家”として、路線上での子供の見守り活動に従事するとともに、声掛け事案等が発生した場合には子供を一時保護し、警察への通報を行う。また、バス利用者に車内放送などで交通事故防止や振り込め詐欺被害防止を訴えるなど、安全・安心な地域づくりにも貢献する。

 

 

~放射塔~啓発マグネットで「めざせ! ゼロゼロ山県」

○…広島県山県署は、年間の交通死亡事故と特殊詐欺被害の「0件」の達成を目指す「めざせ! ゼロゼロ山県」活動を広く住民に周知するため、車両貼付用の啓発マグネットを作製した。
○…山県交通安全協会や山県防犯連合会と協力し、A3判とはがき大の2種類(写真)を作製。表面には交通死亡事故と特殊詐欺被害の抑止目標の「0」と、山県の頭文字の「y」をあわせた「0(ゼロ)0(ゼロ)y(ヤマガタ)」が大きく記載されている。
○…同署はパトカーへの貼付のほか、管内の事業者車両にも貼ってもらい、活動の認知度アップを図る考えだ。

啓発マグネットで「めざせ! ゼロゼロ山県」

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer