日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆「平成26年中の相談の状況」まとまる

警察庁は「平成26年中の相談の状況」をまとめた。全国の警察が取り扱った相談件数は191万3,543件で、5年連続の増加となり、過去最多となった。また、取扱件数が180万件を超えたのは平成16年以来10年ぶり。相談内容は、「犯罪等による被害防止」が全体の12.2%を占め最も多く、以下、「家庭・職場・近隣関係」「刑事事件」「サイバー関係」などとなっている。全国の警察では、相談事案への組織的対応を促進している。

 

 

◆警視庁で異動後初の署長会議

警視庁は人事異動後初の署長会議を本部庁舎で開催した。席上、髙綱直良警視総監は▽第18回統一地方選挙に伴う違反取締り等の徹底▽犯罪抑止総合対策の推進▽人身安全関連事案への的確な対応▽テロ等不法事案の防圧検挙▽危険ドラッグ総合対策をはじめとする総合的な組織犯罪対策の推進▽重大交通事故防止対策の推進▽サイバー犯罪・サイバー攻撃対策の推進▽震災対策をはじめとする災害警備諸対策の推進―について訓示した。

             

◆兵庫県警で合同災害警備訓練を実施

兵庫県警本部機動隊(広域緊急援助隊)と第二機動隊、近畿管区機動隊(第五大隊)の3隊合同災害警備訓練が3日間、小野市の陸上自衛隊青野ヶ原演習場で行われた。昨年の広島豪雨や同県での水害を想定した訓練で、3隊延べ830人が参加し、土のう作り(写真)から土のうの壁積み要領、樹木等の切断排除、要救助者搬送までに取り組んだ。

兵庫県警で合同災害警備訓練を実施

◆自転車の「あんぜん・あんしん甲子園」が閉幕

鹿児島県奄美署は管内の中学・高校生が自転車の盗難防止と安全利用の意識を高めるための競技会「第3回奄美あんぜん・あんしん甲子園」の閉会式を、交通安全会館会議室で開催した。競技会は、自転車盗難防止と交通安全に対する取組みについて参加各校が点数制で競う。たとえば、生徒が無施錠で自転車の盗難被害に遭えば減点となり、学校で防犯標語コンクールなどを行えば加点される。重点校の部で優勝したのは奄美高校だった。

 

~放射塔~中学の入学生に自転車用ヘルメット贈る

○…中学生の自転車の安全利用と交通安全意識の醸成を図るため、埼玉県所沢署と所沢交通安全協会富岡支部は4月に所沢市立富岡中学校に入学する自転車通学生徒に対し、自転車用ヘルメットを贈呈した。
○…同支部が平成15年度から毎年行っている取組みで、贈呈式には田中守交通課長と大河原支部長、同校・小川教頭ほか、生徒会役員2人が出席(写真)。始めに、大河原支部長が「地域の寄付で購入しています。ヘルメットをかぶって交通事故防止に努めてください」と、田中課長が「万が一事故に遭ってもヘルメットの着用により、頭部への衝撃を軽減できる。必ず正しくかぶりましょう」とそれぞれあいさつした。
○…その後、大河原支部長がヘルメット20個を贈呈。受け取った生徒会長は「いただいたヘルメットを大切にし、自転車は車であることを意識しながら交通ルールを守って安全運転を心掛けます」と話していた。

中学の入学生に自転車用ヘルメット贈る

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer