日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成26年中の風俗関係事犯取締り状況

警察庁は「平成26年中の風俗関係事犯の取締り状況」についてまとめた。検挙件数は6,281件、検挙人員は5,928人で、前年に比べ検挙件数、検挙人員はともに減少したが、無許可風俗営業の名義貸しでの検挙が増加した。わいせつ物頒布等事案では、非面接販売や他人名義口座利用などの巧妙化傾向がうかがわれた。また、風俗営業の許可営業所数は29年連続で減少したが、性風俗関連特殊営業のうち無店舗型が増加傾向にある。

 

 

◆福岡県警で反社会的勢力対策セミナー

福岡県警は公共政策調査会などと共同で企業等を対象とした反社会的勢力対策セミナーを北九州市内のホテルで開いた。これまでは主に東京での開催だったが、県警による工藤會壊滅作戦が歴史的展開を見せていることから、福岡県で初めて開かれた。当初予定を上回る約500人の企業関係者らが会場に集まり、工藤會壊滅に向けて参加者全員が決意を新たにした。

             

◆岐阜県警が二輪車関係団体に交通安全教育

岐阜県警はJR岐阜駅ハートフルG研修室で、二輪車関係団体に交通安全教育を実施した(写真)。この日同所で開かれた、全国オートバイ協同組合連合会の下部組織「岐阜県オートバイ事業協同組合」研修会の場を借りて交通安全教育を行った。参加したのは組合加盟のオートバイ事業者約30人。同課の坪井英明警部補が、ここ数年の二輪車事故の発生状況や事故の特徴等について説明した(写真)。

岐阜県警が二輪車関係団体に交通安全教育

◆「海部南部災害対策連絡会」を発足

地震津波や大型台風による高潮などの大規模災害に備え、愛知県蟹江署はさきごろ、管内3自治体と2消防との連携強化を図り、協力体制を確立するため「海部南部災害対策連絡会」を発足した(写真)。同署が海抜0メートル地帯に所在する海部南部の3市町村を管轄しているためで、各機関との連絡調整を経て発足。各機関の長を構成員とする連絡会を、年に1回以上開く。

   「海部南部災害対策連絡会」を発足

 

~放射塔~活動期控え交機隊歌の斉唱で士気高める

○…新隊員2人が加わり3月13日から新体制がスタートした秋田県警交通機動隊では毎朝、全隊員が会議室に集まり、交通指導取締りの心得をまとめた「交通機動隊十訓」と「職務倫理の基本」の唱和に続き、隊歌「燃える命を」を斉唱し(写真)、隊員の士気を高めている。
○…3番まであり、1番は「燃える命があるから行くさ おれが選んだ白バイだから この青春をかけたんだ ルートがどんなにきつくとも 今日も風きる我ら交機隊」といった歌詞。これを高らかに歌い上げ、隊員は「交通事故を1件でも減らすために一丸となって職務を完遂する」との心意気を胸に刻んでいる。
○…間もなく白バイの活動期を迎える。隊員は白バイの乗務訓練と整備に専心努めており、来月の出動開始が待ち遠しいといった感じだ。

活動期控え交機隊歌の斉唱で士気高める

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer