日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成26年の少年非行情勢まとまる

警察庁は「平成26年中の少年非行情勢」をまとめた。刑法犯少年の検挙人員は4万8,361人と11年連続で減少した。特に初発型非行が大きく減少した。性犯罪は高止まりで、中学生が高校生の1.8倍となった。また、振り込め詐欺の検挙人員が増加し、その約7割が受け子だった。一方、再犯者率は34.9%で増加しており、過去最も高かった。特に凶悪犯の再犯者率は56・9%と高水準となっている。

 

 

◆愛知県警でサイバー攻撃対策セミナー

愛知県警は県内の重要インフラ事業者や警察職員など約120人を対象とした「サイバー攻撃対策セミナー」を開催した。冒頭、公安一課長があいさつし「今後、サミットや東京オリンピック・パラリンピックなどの世界的イベントが控えており、サイバーセキュリティについては官民が連携して取り組んでいかなければならない」と指摘した。

             

◆兵庫県警機動隊と海保・消防で水難事故救助の連絡会議

兵庫県警機動隊は海上保安庁と消防機関を交えた3機関による「水難事故救助機関連絡会議」を県警本部で開催した。14回目となる今回は、関係機関から総勢70人が参加。永山幹郎中隊長が冒頭に「水難事故現場においては対応する関係機関の『顔の見える関係が構築されていること』こそが、1分1秒を争う現場での安全かつ円滑な救助作業を行うことにつながる。会議を通じてさらなる連携を構築していただきたい」と呼び掛けた。

◆札幌方面中央署で女性職員の座談会

北海道札幌方面中央署で「女性職員座談会」が開かれ、女性警察官・職員30人(うち警察官26人)が参加した(写真)。女性職員が活躍できる職場環境の整備等を女性自身が考える機会を持つとともに、コミュニケーション能力の向上を図るため、毎年2回程度で開催している。同署は全署員の約1割を女性職員が占めており、参加者の中には4月に職場復帰を予定している育児休業中の女性警察官とその子供たちの姿もみられた。

   札幌方面中央署で女性職員の座談会

 

 

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer