日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成26年中の生経事犯で産業廃棄物事犯等の検挙が減少

警察庁がまとめた「平成26年中における生活経済事犯」によると、「国民の健康や環境に対する事犯」のうち、環境事犯は、関係行政部局との連携効果により、産業廃棄物事犯等の検挙が減少した。一方、保健衛生事犯では、アートメイクの流行に伴い、無資格者による違法な美容施術の検挙が増加した。また、「経済の公正な競争を阻害する事犯」のうち、知的財産権侵害事犯は検挙が増加傾向にあるほか、社会的に反響が大きい営業秘密侵害事犯では、検挙が増加している。

 

 

◆埼玉県警で情報セキュリティセミナーを開催

埼玉県警本部サイバー犯罪対策課に事務局を置く埼玉サイバーセキュリティ推進会議はさいたま市浦和区の埼玉会館で第2回情報セキュリティセミナー「サイバー犯罪から青少年を守るために」を開催した。警察庁少年課・村瀬剛太少年保護対策室長はじめ、情報モラル教育、インターネットトラブル対策の専門家2人による講演があり、保護者や教育関係者など約450人が参加した。

             

◆石川県警で女性職員の職場検討会

石川県警は女性の視点を一層反映した警察運営の推進施策の一環で県下の女性警察官と女性一般職員を対象とした「女性職員による職場検討会」を実施した。検討会では、警察庁長官官房人事課の永井幹久補佐による基調講演や、育児と仕事を両立する女性警察官2人の意見発表があり、警察署の女性用施設や女性職員の勤務状況などが映像で紹介された。

◆三重・和歌山の県境で合同緊配訓練

県境を越えた重要凶悪事案への現場対応能力の向上を目的に、三重県紀宝署と和歌山県新宮署は両署から16人が参加する合同緊急配備訓練を行った。訓練は「紀宝署管内で持凶器強盗事件が発生した」との想定で開始。通信指令課の緊急配備発令を受け、両署員が連携して対応に当たり、逃走した被疑者を新宮署管内で検挙した。

  

 

~放射塔~三世代対象に内容盛りだくさんの交通安全教室

○…兵庫県加西署は加西市立西在田小学校で同校児童や保護者、地区老人会など三世代に対する交通安全教室を実施した。市内では昨年、高齢者が関係する交通死亡事故が2件発生しており、西在田地区から悲惨な交通事故の発生を防止しようと、警察と関係機関、地域がタッグを組んだ。
○…教室には児童113人、保護者58人、高齢者85人が参加。同校体育館で、自転車シミュレーションを活用した参加・体験・実践型の交通安全教育や、県警音楽隊による演奏と防犯指導、県警ちびっ子制服を着用した西在田幼稚園園児による高齢者への夜行反射タスキの配布(写真)などが行われた。
○…また同校運動場では、県トラック協会北播支部会員がトラックの衝突と巻き込み実験を公開し、参加者の交通安全意識の高揚を図った。教室終了後、参加した児童には県交通安全室から自転車運転免許証が交付された。

三世代対象に内容盛りだくさんの交通安全教室

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer