日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成27年の全国交通安全運動推進要綱決まる

政府の中央交通安全対策会議・交通対策本部は「平成27年春の全国交通安全運動推進要綱」を決めた。今年は、統一地方選挙の実施に伴い、期間は5月11日(月)から20日(水)までの10日間。「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本に、▽自転車の安全利用の推進(特に、自転車安全利用五則の周知徹底)▽全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底▽飲酒運転の根絶―の全国重点を掲げている。

 

 

◆生活保護受給者の逮捕・勾留時に自治体へ情報を通知

大阪府警は大阪市と連携し、生活保護受給者が逮捕・勾留された場合に、支給元の自治体(大阪市)に勾留被疑者の収容情報(個人情報)を通知する「留置施設等収容情報通知制度」を、昨年7月から試験的に実施している。生活保護費の二重支給を防ぐためで、全国初の取組みという。

             

◆岐阜県高山署で「ツーリングライン」を導入

自動二輪車の交通事故防止対策で、岐阜県高山署は既存のV字型減速マークを応用した法定外表示でカーブの手前から屈曲部にかけて中央寄りのラインを長く、路肩寄りのラインを短くした「ツーリングライン」(写真)を試験的に導入した。自動二輪車のカーブにおける減速効果と心理的なキープレフト順守につなげるねらいという。ツーリングラインは、同署交通課長だった谷口・現大垣署交通第二課長が考案した。

岐阜県高山署で「ツーリングライン」を導入

◆交通事故鑑識官の養成専科修了者に研修会

長崎県警は交通事故事件に関する専門的な知識を持ち、警察庁主催の交通事故鑑識官養成専科を修了した者に対する研修会を行った。県警は多種多様化する交通事故事件に対応するため、適正かつ緻密な捜査の推進を図っており、交通鑑識に関する実戦的な知識と技能をさらに向上させるためという。

  

 

~放射塔~頼もしい京都駅構内の早朝立番

○…京都府警鉄道警察隊が、昨年7月から京都駅構内で行っている早朝の立番が駅利用者の反響を呼んでいる。
○…立番は乗降客が集中する午前7時30分から午前8時30分まで、JR京都駅西口改札と近鉄京都駅改札で実施。立番台に立った隊員が、駅構内での各種犯罪に目を光らせている(写真)。
○…最近の国際情勢を踏まえ、2月3日からは特別警戒を実施中。立番台の警察官の姿は「目立って頼もしく犯罪予防になる」と駅利用者に好評で、通学中の小学生が毎日立ち止まって「いつもありがとうございます」と敬礼する光景もみられるなど、隊員の士気高揚にもつながっている。

頼もしい京都駅構内の早朝立番

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer