日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆第20回アジア・太平洋薬物取締会議を開催

警察庁が主催する「第20回アジア・太平洋薬物取締会議(ADEC―20)」が東京・港区の東京プリンスホテルで開かれた。タイ、フィリピン、米国、オーストラリアなど31カ国、香港等2地域、国連薬物犯罪事務所(UNODC)等2国際機関が参加した。開会式の席上、金高雅仁長官は「危険ドラッグの脅威に立ち向かうために情報共有し、効果的な国際協力の推進を」と挨拶した(参加国は発表時のもの)。

 

 

◆沖縄県警でブロック別署長会議

沖縄県警は、本部長が各地区の警察署が抱える特有の共通課題や警察署独自の課題と対策について確認し、今後の取組方針等について認識を共有するため、ブロック別の警察署長会議を幹事警察署(輪番制)で開催した。中部Aブロック会議(沖縄、浦添、宜野湾)では「犯罪総量抑止対策」、先島ブロック会議(宮古島、八重山)では「離島署における初動対応」を協議項目として、各署長が発表した後、質疑・協議を行った。

             

◆病院協会と高齢者の事件事故防止協定を締結

高齢者が被害に遭う交通事故や振り込め詐欺被害の総合的防止対策として、滋賀県警は県内公私立の全58病院が加盟する(一社)滋賀県病院協会との間で「高齢者を事件事故から守る活動に関する協定」を締結した。県警本部で笠間伸一本部長と長尾昌壽会長が協定書に署名した(写真)。

病院協会と高齢者の事件事故防止協定を締結

◆新潟県南魚沼署がスキー場で雪害対策訓練を実施

新潟県南魚沼署と広域緊急援助隊、緊急災害警備隊、山岳遭難救助隊は「上越国際スキー場」で雪害対策訓練を実施した(写真)。山岳地で発生する雪崩などに迅速かつ的確に対応するため、118人が参加した。部外講師が雪崩に関する基礎知識などについて講義し、スキー場を訓練場所に「ゾンデ棒(レスキューポール)」を活用した捜索訓練や救出救助技術などの実地指導が行われた。

新潟県南魚沼署がスキー場で雪害対策訓練を実施

 

~放射塔~「絆レター」で高齢者の近況を家族に連絡

○…北海道札幌方面静内署は特殊詐欺被害防止対策で、巡回連絡で訪問した高齢者の近況などを家族に連絡する「絆レター」(写真)を発信した。
○…巡回連絡などで高齢者の近況を聴取した地域警察官が、対象者の理解を得てその家族に「絆レター」を送り、定期的に連絡を取り合ってもらうよう呼び掛けるもの。警察官が家族間の連絡を仲介することで家族の絆を深め、特殊詐欺被害に遭わないための自助力を強化するねらい。
○…訪問先の高齢者から「一人住まいで心細い」と打ち明けられた女性警察官は「高齢者の不安な気持ちを痛感した」といい、家族に向けて「定期的に巡回させていただきます」としたためていた。

「絆レター」で高齢者の近況を家族に連絡

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer