日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成26年中の特殊詐欺認知・検挙状況まとまる

警察庁は「平成26年中の特殊詐欺の認知・検挙状況」をまとめた。特殊詐欺の認知件数は1万3,371件、被害額は559億4,354万6,000円で、前年に比べ認知件数、被害額ともに大幅に増加した。特に被害額は初めて500億円を超え過去最悪を更新した。また、平成26年の全財産犯の現金被害額約1,130億円の49.5%を占めた。

 

 

◆埼玉県警鉄警隊で「チカン犯罪を許さない女性会議」

鉄道と鉄道施設内での痴漢犯罪を撲滅しようと、埼玉県警鉄道警察隊は女子高校生ら約300人が参加する「チカン犯罪を許さない女性会議」を、さいたま新都心合同庁舎で開催した。県鉄道痴漢犯罪防止連絡協議会との共催で、痴漢犯罪の現状について認識を深めるパネルディスカッションなどが行われた。警視庁と関東管区内県警の鉄警隊員25人も参加し、情報を共有するとともに、協力体制の構築に努めた。

             

◆山梨県警が年頭視閲式を実施

山梨県警の年頭視閲式が甲府市の舞鶴城公園(甲府城跡)自由広場で開かれた。警察職員の厳正な規律保持と士気高揚を図るねらい。本部・署部隊はじめ警察学校隊、女性隊、交通隊、機動隊など一般部隊218人、警察車両部隊25台27人、航空部隊1機、音楽・カラーガード隊31人が参加し(写真)、飯利雄彦本部長の視閲を受けた。

山梨県警が年頭視閲式を実施

◆京都府警察学校の学生に踏切設備の講習会

京都府警察学校は学生に踏切の仕組みや事故への的確な対応を学ばせるため、JR西日本の協力で、踏切設備に関する講習会を実施した(写真)。同社では初めての試みという。各担当分野の視点から同社の現場職員が、踏切事故や架道橋における衝突事故発生時に取るべき措置、列車停止までの仕組みについてパワーポイントで分かりやすく講義した。講義の後には、模擬踏切を使用して非常ボタンを押す体験も行われた。

京都府警察学校の学生に踏切設備の講習会

 

~放射塔~交通安全呼び掛ける書道パフォーマンス

○…広島県警は県運転免許センターで県立五日市高校書道部員による「交通安全書道パフォーマンス」を実施した。新年の書き初めとして「なくそう交通死亡事故・アンダー90作戦!」の目標達成を書にしたため、広く県民に交通安全を呼び掛けた。
○…坂本純正交通部長のあいさつの後、書道部員18人が軽快な音楽に乗せ、特大の専用紙(8×6㍍)に「交通事故を防ぐのは 一人一人の心がけ」「なくそう 交通死亡事故 達成しよう アンダー90」などと揮毫した。強調する部分にはカラーの墨を使い、力強い文字で書き上げた(写真)。
○…パフォーマンス後、部員代表者が「交通ルールを守り、夜間は反射材を活用し、周囲の人にも交通安全を呼び掛け、県民みんなで力を合わせ、アンダー90の達成に努めます」と宣言。この後、これまで書道パフォーマンスを通じて、県民に交通安全を呼び掛けてきた同校書道部に坂本交通部長から感謝状が授与された。完成した作品はセンター1階ロビーに掲示する。同作戦の広報ポスターの図案にも活用される予定だ。

交通安全呼び掛ける書道パフォーマンス

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer