日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成26年度の第1回総合セキュリティ会議

警察庁の「平成26年度第1回総合セキュリティ対策会議」(委員長・前田雅英首都大学東京法科大学院教授)が警察総合庁舎で開かれた。今年度の総合セキュリティ対策会議は、「官民連携を通じたサイバー犯罪に対処するための人材育成等」をテーマに選定している。3回程度会議を開催し、報告書を取りまとめる予定。会議の席上、辻義之生活安全局長が挨拶した。

 

 

◆神奈川県警教育参与の短編エッセーが好評

神奈川県警の小泉いづみ教育参与が、昨年10月からほぼ毎日メール配信している短編エッセー「参与の出水(いづみ)」が、県警職員の大きな反響を得ている。日々の出来事や時事ニュースを題材に温かい気づきとホッとするものの見方、考え方を綴った内容で、県警幹部から「エッセーを通した清涼感、透明感で心が洗われた」との声も。同課は配置時教養や倫理研修班活動の討議課題素材などでの幅広い活用を促している。

             

◆愛知県警が初任科生に留置管理の特別授業

愛知県警は警察学校初任科生に行っている留置管理業務教養の一環で、女性専用留置施設で勤務する留置担当官による特別授業を行った。講義と実習の2部構成で、講義では留置管理業務の概要と重要性の説明に加えて、日々の勤務における経験談ややりがいなど、留置担当官の実体験を盛り込んだ内容の教養を実施。また、受講生を模擬被疑者に見立てた護送業務実習では、留置担当官が護送中の事故防止などについて教養した。

◆特殊詐欺防止へ金融機関で窓口対応訓練

岐阜県岐阜中署は昨秋から急増している特殊詐欺の防止策として、管内金融機関で窓口対応訓練を行っている(写真)。地元に多くの店舗を有する銀行、信用金庫を訓練対象に選定のうえ、金融機関側の協力を得て実施。署員を客に見立て「窓口に多額の預金を引き出しに来た。理由を聞いても話そうとしない」との想定で、金融機関職員が窓口対応、職員間の連携、警察への通報要領など一連の行動について再確認した。

特殊詐欺防止へ金融機関で窓口対応訓練

 

~放射塔~銀メダリスト高校生が一日通信指令長

○…島根県警は「110番の日」の広報啓発活動で、2014年仁川アジア大会1,600mリレー・銀メダリストで県立松江商業高等学校3年の青山聖佳さんを一日通信指令長に任命した。
○…青山さんは福田正信本部長から任命書を受け取った後、通信指令室で声掛け事案の発生を想定した110番通報への現場急行指令を体験(写真)。「少しでも危ないと思ったらすぐに警察に通報することが大切だと分かりました」と感想を語った。
○…また、一日通信指令長からのお願いとして「緊急の事件事故は110番、急を要しない相談は#9110を利用してほしい」と呼び掛け、県民に通報の正しい利用を広報した。

銀メダリスト高校生が一日通信指令長

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer