日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成26年中の「刑法犯認知・検挙状況(暫定値)と今後の犯罪抑止対策」

警察庁は、平成26年中の「刑法犯認知・検挙状況(暫定値)と今後の犯罪抑止対策」をまとめた。認知件数は121万2240件で、平成15年以降、12年連続で減少した。包括罪種別では、前年に比べ知能犯が増加した。重要犯罪では殺人、放火、略取誘拐・人身売買が増加したが、重要窃盗犯ではいずれの罪種も減少した。
   

◆大阪府警で「ステップ・アップ・センター」開く

大阪府警は2回にわたり、女性地域警察官の職務質問のレベルアップを図る職質相談「ステップ・アップ・センター」を実施した。20~38歳(実務年数2カ月~15年)の警部補以下の女性警察官73人が参加。徒歩や車両乗車の人物を対象者とする実際の現場を想定し、警察庁指定広域技能指導官らの指導者がコーチング方式の指導方法を取り入れたロールプレイング教養などを行った。

             

◆山梨県警察学校で県情通部が警察情報通信教養

山梨県警察学校は、県情報通信部の協力を得て警察情報通信教養を行った(写真)。今月末に卒業配置を迎える初任科長期生22人に対し、警察情報通信の活動について理解を深めるねらい。機動通信指導専門官が教養に続いて、ストーカー事案や警衛警備等の警察活動における機動通信課の活動状況、無線亡失時の対処方法(リカバリー教養)などについて説明した。

山梨県警察学校で県情通部が警察情報通信教養

◆広島県警でひったくり防止街頭キャンペーン

広島県警安全安心推進課は、広報効果が期待される通勤時間帯のJR広島駅南口で街頭キャンペーンを実施した。広島東防犯組合連合会や広島県警友会広島東支部なども加わり、約30人が参加した。参加者らはひったくりへの注意喚起を呼び掛けながら、啓発チラシを配布した(写真)。

広島県警でひったくり防止街頭キャンペーン

 

~放射塔~愛知県瑞穂署で飲酒撲滅へ鮭缶配布

○…愛知県瑞穂署は、「サケイカン」の語呂合わせで、鮭の缶詰を配って飲酒運転根絶を呼び掛けるユニークなキャンペーンを実施した。
○…用意した鮭缶は300個。活動には署員や地域交通安全活動推進委員、地元ボランティアら30人が参加し、「飲酒運転根絶、絶対しない! させない! 許さない!」のラベルを貼った鮭缶と啓発チラシを一緒に、赤信号で止まった車両のドライバーに手渡した(写真)。
○…「『酒いかん』で鮭缶です。飲酒運転を根絶しましょう」と呼び掛けられ、ドライバーは「飲酒運転は絶対しません」「運転するときは『酒いかん』ですね」と笑顔で受け取っていた。

愛知県瑞穂署で飲酒撲滅へ鮭缶配布

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer