日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆平成27年の警察情報通信運営重点

警察庁は、さきに「平成27年における警察情報通信の運営重点」について全国の警察へ通達した。「情報通信技術力の発揮」「高い情報通信技術力の保有」を目的に、①サイバー空間の脅威への対策強化②現場警察活動における技術力の活用推進③時代の変化に即応し得る組織・体制の確立―の方向性に向けた施策を推進する。
   

◆広島県警・県・広島市で児童虐待対応の協定結ぶ

広島県警と県、広島市は児童虐待事案に係る連携に関する協定を締結し(写真)、1月1日から運用を開始した。増加の一途をたどる同事案に対し、警察と児童相談所が普段から積極的に情報を共有し有機的な対応に当たる。県警は平成25年4月から県こども課に双方向の情報共有に関する協定締結を申し入れ、昨年3月には市も加わり協議を重ねてきた。

広島県警・県・広島市で児童虐待対応の協定結ぶ              

◆函館機動警察隊が追跡事故防止訓練

北海道函館方面本部函館機動警察隊は実務に直結した運転技能を向上させるため、鹿部飛行場の滑走路エプロンなどを借用した初めての「追跡事故防止訓練」を実施した(写真)。訓練の基本コンセプトは「慌てず」「焦らず」「合わせる」。参加した隊員はスラロームの一種であるジムカーナや、高速走行に対応した追尾測定、適切な判断による追跡中止措置、捜査車両とパトカーの連携による逮捕監禁容疑手配車両捕捉といった実務に直結した各種想定訓練に取り組んだ。

函館機動警察隊が追跡事故防止訓練

◆大学・専門学校とパートナーシップのネットワークを締結

福岡県戸畑署は、管内に所在する国立大学、医療福祉専門学校の2校とパートナーシップのネットワークを結んだ(写真)。これまでの直接的な犯罪予防活動に加え、犯罪の前兆段階ともいえる「いじめ」や「モラル・マナー違反」の芽を摘む人的教育に視点を置き、将来の犯罪予防につなげるねらい。専門学校では、学生による学校周辺の美化活動のほか、医療福祉のパフォーマンスを生かして学生が、小学生児童に身体障害者の生活模擬体験等の福祉授業を行う。

大学・専門学校とパートナーシップのネットワークを締結

 

~放射塔~非行防止の標語を地元高校生から募集

○…岐阜県岐阜中署と岐阜地区少年警察ボランティア協議会は少年の非行防止と健全育成を題材とした標語を地元高校生から募集し、最優秀など優秀3作品を選出、表彰した。
○…高校生に日本の未来や規範意識、自己を律する心と思いやりについて考えてもらおうと初めて企画。管内全9校から135点の応募があり、いずれも高校生の感性が表れた作品が並んだ。最優秀作品は、県立岐阜高校1年生の女子生徒の「見ているよ あなたの頑張り あなたの姿」で、ほかの2作品と含めてのぼり旗やスポーツタオルに印刷し、各種啓発活動などで活用する。
○…同署であった表彰式(写真)では、同協議会会長が受賞者の3人に、激励の言葉を掛けて表彰状を手渡した。作品に込めた思いを語った3人は、タオルに記された自らの標語を見て「信じられない」と喜び、若者らしい爽やかな笑顔を見せていた。

非行防止の標語を地元高校生から募集

 

▼2014年7月~12月

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2014年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



footer