日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆1都3県高速隊で合同出発式

首都圏の東北自動車道を管轄する3県警(埼玉・群馬・栃木)高速道路交通警察隊と、同路線と直結する首都高速道路を管轄する警視庁高速道路交通警察隊による「交通死亡事故抑止部隊」が栃木県佐野市の東北自動車道上り佐野サービスエリア内で合同出発式を行った(写真)。栃木県警の伊藤均高速隊長は部隊員54人に対し「一人一人が旺盛な士気のもと絆を深めて活動に心血を注ぐことが、広域に関連する高速道路での交通死亡事故抑止につながる」と訓示した。

1都3県高速隊で合同出発式

   

◆北海道警で航空機事故の日米ガイドライン教養を実施

北海道警は、米軍航空機事故が発生した場合の対応を的確に行うため、「日本国内における合衆国軍隊の使用する施設・区域外での合衆国軍用航空機事故に関するガイドライン」の教養を行った。事故対応の主管課である本部地域企画課、事故発生時の初動対応を担う本部通信指令室、自動車警ら隊の職員など延べ167人が受講し、事故対応時の手続きなどを学んだ。

             

◆福岡県飯塚署で犯罪被害者の住民大会

福岡県飯塚署、飯塚市、桂川町の合同主催で「第2回飯塚地区犯罪被害者に優しいまちづくり住民大会」がイイヅカコスモスコモンで開かれた。今年のテーマは「ひとりで背負わないために~つなげる支援の輪」。昨年に続いて、地域住民が犯罪被害者やその家族の心情を理解し、思いやりのあるまちづくりを目指そうと、地域住民参加型の大会を企画した。

◆鳥取県境港署では被害者支援のチャリティーバザー

鳥取県境港署は犯罪被害者の支援活動として署員はじめ支援関係者が持ち寄った品物を販売するチャリティーバザーを開催した。買取金額を設定するオークション形式で行われ、会場には新品の液晶テレビや職員家族の畑で採れたネギやブロッコリーなどの朝採れ野菜、職員が育てている金魚や熱帯魚など300点余りが並んだ(写真)。

鳥取県境港署では被害者支援のチャリティーバザー

 

~放射塔~寛平さん一日警察署長でギャグ連発

○…「年末の交通安全県民運動」の一環で、岐阜県多治見署はタレントの間寛平さんを一日警察署長に委嘱した。委嘱式には自治体・交通安全協会職員、老人クラブ会員、保育園児ら約130人が参加。間さんは「高齢者が交通事故被害に遭わないよう頑張ってください。私も一日頑張ります」と訓示。続いて「子供が多いので」と前置きし、「いくつになっても甘えん坊」などのギャグやマイクスタンドを使って「かいーの」のネタを披露すると、会場は大爆笑の渦に包まれた。
○…この日は、外出中の市民に交通安全グッズを配り、無事故での無事帰宅を促す「交通安全無事かえる応援隊」も結成された。隊長としてJR多治見駅前での広報・啓発活動に参加した間さんは、持ちネタで市民の笑いを取りながら「無事かえるせんべい」や「夜光タスキ」を配布(写真)。集まった市民約150人に交通事故防止を呼び掛けた。
○…タスキを掛けられた高齢者は「うれしかった。日が暮れる前の明るいうちから夜光タスキを利用します」と話していた。

寛平さん一日警察署長でギャグ連発

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer