日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆愛知県警で歓楽街セミナー開く

愛知県警は名古屋市中村区の県産業労働センター「ウインクあいち」で、歓楽街のまちづくりに携わる地域住民やビルオーナー、事業者、行政など約80人を対象とした歓楽街セミナーを開催した。他県の取組事例や県内実態などの情報を共有するとともに、環境浄化に向けた課題について関係者相互の連携強化を図るねらい。
   

◆北海道警が交通安全教育用DVDを自主制作

日没から夜間にかけて発生する歩行者事故を防止するため、北海道警は学識研究者の協力で交通安全教育用DVD「光と闇の危険!!」を自主制作し、ドライバーへの交通安全の意識付けを図っている。道警では当該事故の実態を解明するため、▽交通事故統計データによる分析▽6色の人型ボードを使った視認性実験▽乾燥・湿潤路面での視認性実験▽昼夜間の横断歩行者の視認性実験―を実施。DVDは実験等で明らかになった事故発生要因について、グラフや映像、写真、アニメーションを用いて視覚に訴える内容。

             

◆神奈川県相模原署で年末年始特別警戒の出陣式

神奈川県相模原署は同署講堂に防犯ボランティアらを集め「年末年始特別警戒出陣式」を行った(写真)。署員や防犯ボランティアの士気と市民の防犯意識を高めるねらい。特別警戒期間は来年1月3日まで。出陣式には署員や防犯協会職員、防犯ボランティア、相模原市職員ら62人が参加した。

神奈川県相模原署で年末年始特別警戒の出陣式

◆犯罪被害者支援室員と支援センター相談員で意見交換会

京都府警本部警務課犯罪被害者支援室の室員と、犯罪被害者等早期援助団体の(公社)京都犯罪被害支援センターのボランティア相談員等との意見交換会が行われ、相互のさらなる連携や相談員の活動の活性化などについて話し合った(写真)。初の試み。意見交換会には同室員7人と相談員ら20人が参加。室員が警察の犯罪被害者支援やカウンセリングについて説明し、相談員がストーカー被害者の支援のあり方や近隣トラブルなどについて質疑。活発な意見交換は1時間にも及んだ。

犯罪被害者支援室員と支援センター相談員で意見交換会

 

~放射塔~ミス・インターナショナル優勝の吉松育美さんが一日警察署長

○…福岡県博多署は2012年の「ミス・インターナショナル世界大会」で日本人で初めてグランプリの快挙に輝いた吉松育美さんを一日警察署長に迎え、年末年始特別警戒出動式を開催した(写真)。
○…吉松さんは、子供たちの教育に携わる社会貢献活動や東京五輪の招致アドバイザーなどで活躍している。出動式では「積極果敢な活躍により、市民の『穏やかに新年を迎えたい』という願いをかなえていただきたい」と署員を激励した。
○…同署は今月1日から来年1月9日までを「年末年始特別警戒活動期間」に設定。暴力団犯罪や飲酒運転、性犯罪を防ぐ「博多『三悪ゼロ』作戦」として、署の総力を挙げた特別活動を管内全域で展開する。

ミス・インターナショナル優勝の吉松育美さんが一日警察署長

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer