日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆高速道路の安全運転に「レッツ ブレイク!」を全国広報

警察庁は、国土交通省、全国の高速道路株式会社などとともに、11月から12月にかけて「高速道路における交通安全啓発活動~レッツ ブレイク!(ひと息入れて安全運転)~」を展開している。高速道路での交通死亡事故をみると、高速道路に入り走行距離100㌔㍍未満、時間にして約1時間以内の場所で約5割が発生している。このうち、約27%が居眠り運転や考え事などの漫然運転によるものであることから、事故防止を呼びかけているもの。
   

◆沖縄県警とバス・トラック協会で協定結ぶ

沖縄県警は「犯罪や交通事故の起きにくい社会づくりに関する協定」を(一社)沖縄県バス協会、(公社)沖縄県トラック協会との間で締結した(写真)。両協会の加盟会社が保有する車両のドライブレコーダーに記録された事件・事故の映像の提供を受けるほか、自主防犯・交通安全活動への協力、認知症等による行方不明者発見活動への協力の関係を構築する。

沖縄県警とバス・トラック協会で協定結ぶ              

◆徳島県警で「T―1グランプリ2014」を開催

徳島県警は徳島市立ふれあい健康館大ホールで、交通警察官らの交通安全教育の知識習得と技能向上を目的とした交通安全教育コンクール「T―1グランプリ2014」を開催した(写真)。今回で3回目の開催で、地区予選で選抜された7所属(6署と高速隊)から19人が出場。「高齢者」「自転車」「飲酒運転」からテーマを選定し、持ち時間10分で「漫才」「コント」などで交通安全教育の技能を競った。

徳島県警で「T―1グランプリ2014」を開催

◆大規模災害時に仮設トイレを民間企業から調達

埼玉県大宮西署は㈱協和清掃運輸と「大規模災害対策対応協定」を締結した(写真)。物資(仮設トイレ)の調達に関する協定で、大規模災害が発生した際は警察による治安維持活動等の災害応急対策の円滑な遂行が可能となる。

大規模災害時に仮設トイレを民間企業から調達

 

~放射塔~さつまいも収穫や稲刈りで子供たちを健全育成

○…愛知県警本部少年課と中川署、北署、港署は小学生や幼稚園児を対象にさつまいもの収穫体験と食育体験活動を行った。
○…「非行少年を生まない社会づくり」の一環。地域住民の指導を受け、児童らはシャベルなどを使ってさつまいもを収穫(写真)。「土が硬くて、いもがなかなか掘れなかった」と言いながらも笑顔で作業に汗を流した。その後、児童たちは自分たちが掘り出したさつまいもを焼き芋や芋きんとんにして食べ、楽しい時間を過ごした。
○…また同課は豊川署と連携し、小学5年生児童による稲刈り体験も行った。地元農家の指導で慣れない手つきながらも次々と稲を刈り取った児童は「初めて鎌を使って稲刈りをしたけど、あまり力を入れずにたくさん刈り取ることができて楽しかった」と喜んでいた。

さつまいも収穫や稲刈りで子供たちを健全育成

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer