日刊警察新聞社 日刊警察

今日の日刊警察ニュース

◆コミュニティサイトに起因する児童被害事犯の調査結果

警察庁は平成26年上半期の「コミュニティサイトに起因する児童被害の事犯に係る調査結果」をまとめた。犯罪被害児童は増加傾向にあり、被疑者、被害者のアクセス手段としては、ともに携帯電話が9割以上を占め、このうちスマートフォン利用は約9割で調査開始以来最も多かった。同庁では、サイト事業者等へのサイト内監視体制の強化や実効性あるゾーニング導入に向けた働き掛けや、フィルタリングの普及徹底に向け児童、保護者への広報啓発を推進する。
   

◆長野県警で新任巡査部長と若手の合同セミナー

長野県警は今年度昇任配置の新任巡査部長108人の現場指揮能力と24年度採用の若手警察官130人の現場対応能力を向上させるため、県警察学校などで少人数制の合同セミナーを開催した(写真)。6月から11月にかけて計19回。1回のセミナー参加者は巡査部長と若手を合わせて13人程度とした。セミナーの午前は、3班に分かれた参加者が班別で実戦的総合訓練(現場対応訓練)と鑑識技能訓練に、午後は書類作成訓練とリカバリー教養にそれぞれ取り組んだ。

長野県警で新任巡査部長と若手の合同セミナー              

◆日本年金機構と特殊詐欺被害防止の覚書

増加する特殊詐欺等被害防止施策の一環として、青森県むつ署は年金受給手続きなどを行う日本年金機構むつ年金事務所と「特殊詐欺等被害防止活動」に関する覚書を締結した。日本年金機構と警察署の特殊詐欺等被害防止に関する覚書締結は全国で初めてのこと。締結調印式で山形義治署長と同事務所の石川利一所長が覚書を交わした(写真)。

日本年金機構と特殊詐欺被害防止の覚書

◆富山県警で総合治安警備訓練

富山県警は県警察学校グラウンドで、今年度の警備訓練の総仕上げとなる総合治安警備訓練を実施した(写真)。機動隊や管区機動隊、第2機動隊、女性警察官特別警備隊、公安捜査隊、警衛対策課、機動警察通信隊など約200人が参加した。県公安委員らが見守るなか、デモ行進規制要領や遊撃部隊活動要領等の基本訓練などが行われた。

富山県警で総合治安警備訓練

 

~放射塔~初任科生が介護体験通じて職責を自覚

○…福井県警察学校は初任科長期生による職場体験研修を、福井市内の特別養護老人ホームで行った。介護体験を通じて、学生の職責の自覚や奉仕精神の涵養を図るとともに、対話能力を向上させるねらい。
○…当日、施設職員から研修の心構え等について指導を受けた学生は食事の介助、身の回りの清掃などを実施。当初は高齢者との接し方が分からず、緊張した面持ちでいた学生も、入所者の明るさと職員の「笑顔で接してあげて」との助言に支えられ、笑顔を心掛けることで少しずつ意思疎通が取れるようになった。
○…研修の最後に行われた交流会では、入所者の似顔絵を描いてプレゼント(写真)。別れの際に入所者から「こんなに楽しい時間を過ごしたのは入所して初めてです。立派なお巡りさんになってください」との言葉を掛けられ、学生は「今は未熟ですが、来年1月に交番勤務となった際には立派な姿をお見せできるように頑張ります」と力強く返事していた。

初任科生が介護体験通じて職責を自覚

 

▼2014年1月~6月

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



footer